日本国

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページ「日本国」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。

日本国(にほんこく)は、北海道・本州・四国・九州の四大島と、南西諸島や、伊豆諸島、小笠原諸島などから成り、東アジアに位置する島国である。

地形[編集]

平野より、山地・丘陵のほうが多く占めている。そのため、人口の多くが平野部に集中し、平野部の人口密度は非常に高くなっている。 また、国土のうち、3/4が山地であり、2/3が森林であり、川の数は非常に多く、長さは短く流れは急という特徴もある。 このことからわかるように、世界的に考えても、日本は山の多い国である。

ちなみに日本国の中で一番高い山岳は、富士山(3774m)であり、一番長い川は、信濃川(367km)である。

人口・言語[編集]

日本の人口は、約1億2000万人であり、世界11位の人口を抱えている。(2019-04-30現在) 現在の合計特殊出生率は、1.44(2018年現在)であり、少子化社会といわれている。

日本国の事実上の第1言語は、日本語である。しかし、日本国憲法法律には制定されていない。

経済[編集]

この節は書きかけです。この節を編集してくれる方を心からお待ちしています。

歴史[編集]

この節は書きかけです。この節を編集してくれる方を心からお待ちしています。