早稲田大対策/理工学部

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

先進理工・創造理工・基幹理工の3学部を擁し、理工3学部一括で入学試験が行われる。政治経済学部と同様、早大受験者のみならず難関国立大・国公立大医学部受験者も多数併願してくるため、合格難易度は非常に高い。学内併願の特徴として意外に政治経済学部との併願関係が強い。これは政治経済学部の一般入試では数学受験できることに加え、理工・政治経済の両学部ともに難関国立大受験者に併願しやすい問題レベルとなっていることによるものと思われる。尚、理工学部の学生は、4年間を西早稲田キャンパスで過ごすことになる。

一般入試[編集]

数学(120分/120点) 数学IIIからの出題が多く、特に極限の計算は毎年なんらかの形で出題されている。ほとんどが標準問題~やや難レベルの問題である。青チャートなどで典型パターンを繰り返し、標準問題が確実に解けるようになったら、「やさしい理系数学(河合出版)」や「理系数学の良問プラチカ」等でやや難レベルの問題が解けるくらいの思考力を養った上で、過去問演習に取り掛かろう。また、面積・体積といった求積系の問題はほぼ隔年で出題されているため、しっかり対策をしておくこと。近年は数学III以外からの出題も見られ、特に数列の漸化式や図形と式からの出題が目立っている。完答するには相当な実力を必要とする問題が多く、特に問5は例年、かなり難易度の高い問題が出題される。

英語(90分/120点) 早稲田の中では比較的平易な問題であるが、私大理系では難しい部類に属する。文法・語法から会話、長文読解まで、総合的な学力が問われるオーソドックスな問題である。理工の過去問だけでなく、文系の過去問も解いてみるとよい。特にスポーツ科学部の問題は出題傾向が非常に似通っている。入試において細かい文法知識を直接問われる事のない東大・京大・東工大等の難関国立大学の併願者は、長文を確実に得点できるようにしよう。そして、標準レベルの文法・語法問題を確実に取れれば英語で差をつけられることはないだろう。基本的な数詞の知識を回りくどく問う設問が増えたので過去問で慣れる必要性があるのは留意すべきだ。

理科(120分/120点<1科目60点>) 学科によって指定されている2科目(大半の学科が物理・化学)が課せられ、出願時に科目を選択する。2007年度入試より大問は3つ、1問目はマークシート、2,3問目は記述式となっている。先進理工は学科によって科目の配点が異なる(例、生命医科学科は化学:物理or生物=2:1)。標準的な問題から受験生の思考力を問うやや難~難レベルの問題まで出題される。難問は取れなくともやや難程度の問題までは取りきらないと合格は厳しい。

空間表現(120分/40点) 創造理工学部建築学科受験生に課される。いわゆる鉛筆デッサンである。独学では対策は難しいため、建築系の美術予備校に通い、プロの指導の下練習することをお勧めする。

※当学部はセンター試験利用方式を採用していない。