旭川医科大対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search
Wikipedia
ウィキペディア旭川医科大学の記事があります。

本項は、旭川医科大学の入学試験対策に関する事項である。

旭川医科大学は、北海道旭川市にある医科系単科大学である。医学部医学科の2次試験では理科はなく、英語と数学の2科目だけである。医学部看護学科は学科試験はない。科目別に見ていくと、英語は標準的な問題が多いが、数学は医科系大学らしい難問が多い。

センター試験

当該大学の二次試験は非常に難易度の高い問題であり差がつきにくい上に、面接の配点が非常に高い。また、前期・後期ともにセンター試験の配点が高いため、センターをどれだけ取れたかが勝敗を決めるといっても過言ではない。実際に取るべき点数に関して、医学科に関しては傾斜配点で85%確保を目標にしておきたい。

前期試験

英語

90分で3題出題される。1題目は日本語で答える長文読解問題、2題目は英語で答える長文読解問題、3題目は自由英作文である。全体を通して記述量が非常に多い。医科系大学としては珍しく、医療関連のテーマが出題されることは少なく、科学・教育・社会など様々なジャンルから出題される。

一般的な対策としては、まず英語の長文問題集を1~2冊こなそう。その際に、分からない単語や箇所がいくつかあるはずだから、文意や文脈から判断して適切な意味に訳すことができるようになるために、まずは辞書を引かずに推測して訳してみると良い。また、和訳したらそれで終わりという学習態度ではなかなか英語の力はつかないので、出来れば暗唱できるくらい読み込むことを勧める。この過程で単語や使えるフレーズ、さらに英語の感覚を身につけることができるのである。

英作文に関しては何か英作文用の参考書を1冊決めて徹底的にやりこむと良い。問題はすべて解くのと同時に、例文をすらすら暗唱できるようになるまで定着させるとなお良い。

数学

120分で4題出題される。1996年度までは微分・積分が3問、確率・統計が1問というのが基本構成だったが、それ以降は微分・積分が2問、その他の分野から2問という傾向のことが多い。

問題を俯瞰すると、シンプルでオーソドックスな問題が多いように思えるかもしれないが、計算力を要する重厚な問題が多く、実際に答案を書くとなるとなかなか思うように行かないことが多い。大問1題あたり3つ程度の設問に分かれているので、部分点は比較的稼ぎ易いが、最後の設問は手ごたえのある難問であることが多く、完答は容易ではない。

このような数学の試験に対応するには高等学校で出てくる基礎事項や定型的な解法は一通り網羅し使いこなせるようになっておく必要がある。その上で、演習の際の計算は必ず最後まで自分の手で正確に書き上げるようにするべきである。

後期試験

理科

物理・化学・生物のうち2科目を選択して解答する。

模試

旭川医科大対応模試というものは存在しないが、河合塾では医学部受験者用の模試を行っている。また、年に3回行われる駿台全国模試では多くの医学部志望者が受験するので、それを受けてみるというのも一つの手である。さらに河合塾・駿台で行われているマーク模試は必ず受験しておきたい。受験時の心構えのひとつとして、ありきたりではあるが模試の判定や偏差値に一喜一憂する必要はあまりないということを明記しておきたい。そもそも得点は入試本番当日の自分のコンディションや問題との相性次第で大幅に変動するものだし、模試と実際の入試とでは難易度や問題の癖が全く異なるからである。実際、現役浪人関係なく、秋の模試等でC判定やD判定を出してしまった生徒が、直前期で実力が一気に伸びて合格したケースも存在するので、最後まで諦めずに勉強を続ける姿勢をもつことも大切である。


このページ「旭川医科大対策」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。