更生保護施設における処遇の基準等に関する規則

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

更生保護施設における処遇の基準等に関する規則(最終改正:平成二〇年四月二三日法務省令第三一号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア更生保護施設における処遇の基準等に関する規則の記事があります。

第1章 総則(第1条~第2条)[編集]

第1条(趣旨)
第2条(定義)

第2章 処遇の基準(第3条~第18条)[編集]

第3条(処遇規程及び保護の実施)
第4条(処遇の一般原則)
第5条(秘密の保持)
第6条(関係機関等との連携)
第7条(保護の開始)
第8条(居室の指定)
第9条(食事)
第10条(清潔の保持)
第11条(健康の管理)
第12条(レクリエーション)
第13条(作業及び作業賃金)
第14条(金品の保管)
第15条(金品の給与及び貸与)
第16条(感染症発生時の処置)
第17条(災害予防の訓練)
第18条(費用の徴収の制限)

第3章 規模及び構造の基準(第19条~第26条)[編集]

第19条(施設の合目的性)
第20条(事務室及び相談室)
第21条(居室、食堂等)
第22条(静養室)
第23条(集会室及びレクリエーションの設備)
第24条(宿直室及び職員宿舎の設置)
第25条(施設の安全)
第26条(作業の設備)

第4章 幹部職員(第27条~第30条)[編集]

第27条(幹部職員の配置)
第28条(幹部職員の一般的要件)
第29条(施設長の資格又は経験)
第30条(補導主任の資格又は経験)
このページ「更生保護施設における処遇の基準等に関する規則」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。