材料工学

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

工学 > 材料工学

このテキストは書きかけです。加筆・訂正を行ってくれる協力者をお待ちしています。この目次も暫定的な物です。 現在、この目次は高校専門科目の工業科「工業材料」などをベースにしています。

目次[編集]

  1. 物性編
    1. 材料物性の基礎 
      1. 結晶構造
      2. 合金の構造
      3. 機械的性質
      4. 物理的性質
      5. 化学的性質
      6. 状態図と結晶組織
    2. 物性の力学的性質
      1. 塑性変形と転位論
      2. 結晶成長と拡散
    3. 材料の試験と検査
      1. 機械的性質の試験
        1. 引張試験
        2. 硬さ試験
        3. 衝撃試験
        4. 曲げ試験
        5. 疲労試験
        6. クリープ試験
        7. その他の試験
      2. 組織の顕微鏡観察
        1. 金属顕微鏡
        2. 高温顕微鏡
        3. 電子顕微鏡
      3. 材料検査
        1. 非破壊検査法
  2. 材料編
    1. 鉄鋼
      1. 炭素鋼
        1. 純鉄
        2. 炭素鋼
      2. 合金鋼
      3. 鋳鉄
    2. 非鉄金属
      1. 銅および銅合金
    3. 電気材料
      1. 概論
      2. 導電材料・抵抗材料
      3. 超電導材料
      4. 半導体材料
    4. セラミックス
      1. 誘電体
      2. 圧電体
      3. 磁性材料
      4. 光学材料
        1. 透光材料
        2. 発光材料
      5. 超電導材料
      6. 生体親和セラミックス
    5. 高分子材料
      1. 高分子の機械的性質
      2. 高分子の化学的性質
      3. 汎用樹脂
      4. エンジニアリングプラスチック
      5. 生分解性プラスチック
    6. 複合材料

関連項目[編集]

高等学校科目[編集]

高等学校の工業高校の専門科目に材料工学関連の科目があります。

現時点では、一般工学の材料工学ページの完成度が高くないので、高校側のページで学習することを、勧めます。