森鴎外

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文学近代文学日本文学の作家>森鴎外

概略[編集]

森鴎外、舞姫を代表作とする。日本の誇るべき作家。

年譜[編集]

1862(文久2)年1月19日 - 石見の国(現在は鳥取県)で父、静泰。母、み子。の長男として生まれる。
1868(明治元)年3月 - 儒学者米原綱美(よねはらつなえ)から孟子を学ぶ。
1872(明治5)年 - 父と共に上京。ドイツ語を学ぶ。
1890(明治23)年1月 - 処女作「舞姫」を発表。
1913(大正2)年1月 - 「阿部一族」を発表。
1922(大正11)年1月 - 短歌「奈良五十音」(明星)を発表。7月9日午前7時自宅で亡くなる。(享年60才)

主な作品[編集]

Wikipedia
ウィキペディア森鴎外の記事があります。
  • 舞姫
  • 花子
  • カズイスチカ
  • 妄想
  • かのように
  • 阿部一族
  • 護持院原の敵討
  • 山椒大夫
  • 魚玄機
  • じいさんばあさん
  • 高瀬舟
  • 寒山拾得
  • 都甲太兵衛
  • 渋江抽斎
このページ「森鴎外」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。