民事再生法第41条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタールコンメンタール民事再生法民事再生法第41条)(

条文[編集]

(再生債務者等の行為の制限)

第41条  
  1.  裁判所は、再生手続開始後において、必要があると認めるときは、再生債務者等が次に掲げる行為をするには裁判所の許可を得なければならないものとすることができる。
    一  財産の処分
    二  財産の譲受け
    三  借財 
    四  第49条条第1項の規定による契約の解除
    五  訴えの提起
    六  和解又は仲裁合意(仲裁法 (平成十五年法律第百三十八号)第二条第一項 に規定する仲裁合意をいう。)
    七  権利の放棄
    八  共益債権、一般優先債権又は第52条に規定する取戻権の承認
    九  別除権の目的である財産の受戻し
    十  その他裁判所の指定する行為
  2.  前項の許可を得ないでした行為は、無効とする。ただし、これをもって善意の第三者に対抗することができない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

  • [](最高裁判例 )[[]],[[]]
このページ「民事再生法第41条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。