気象学

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

この本について[編集]

多くの人々が、気象学と言えば天気であり、天気と言えば気象学であると思っています。多くの人々が、天気図は簡単に見ることができ、予測できると考えています。これらは両方とも間違っています。気象学を理解したければ、大気、多少の物理学、そしてたくさんの図表を理解しなくてはなりません。この本では、みなさんの世界を気象学へ開いてもらおうとしていきますが、天気や気象とはあまり関係ないようなその他たくさんのトピックを学ぶと言う意味ではありません。もしあなたがついてくるのなら、執筆者は最善を尽くし、必要としないほかのトピックに深入りはしません。たとえば物理学の公式をあなたに向かって投げつける代わりに、あなたの知りたいことを純粋にカバーしていきます。

他の執筆者と協力することで、本が読みやすくなり理解しやすくなります。うまくいけば、時間と、人の助けがあれば、この本は、過去に気象学を勉強したが忘れてしまった人や、気象学に興味を持っている人にとって役に立つでしょう。

コンテンツ[編集]

  1. 気象学の紹介と大気
    1. 定義の紹介
    2. 大気の構成
    3. 大気の層
      1. 対流圏
      2. 成層圏
      3. 中間圏
      4. 熱圏
      5. 電離圏
      6. 変化
    4. オゾン
  2. 加熱と温度
    1. 季節
    2. 熱と温度の定義
    3. 入射する太陽エネルギー
    4. 伝熱
      1. 放射
      2. 伝導
      3. 対流
    5. 熱収支
    6. 地球放射
    7. 温度調整
      1. 海洋と海流
      2. 季節
      3. 高度
      4. アルベド
    8. 目盛
    9. 測定
    10. 農業と建築
      1. 積算成長度日
      2. 冷暖房温度日
  3. 水分
    1. 相変化
    2. 水蒸気と水蒸気圧
    3. 湿度と露点
  4. 大気の安定性
    1. 減率
    2. 空気の鉛直運動
      1. 収束と発散
      2. 地形性上昇と地形性砂漠
      3. 局地的な対流性上昇
    3. 安定度
      1. 安定の種類
      2. 気象の変化
  5. 雲と降水
    1. 雲の形成
      1. 持ち上げ凝結高度
      2. 雲粒
    2. 分類
      1. 雲の鉛直的な発展
      2. 下層
      3. 中層
      4. 上層
      5. サブ分類
        1. 霧の発生
    3. 降水形成
      1. ベルシェロン過程(冷たい雲)
      2. 併合過程(暖かい雲)
    4. 降水の種類
      1. 白霜
      2. 霙(みぞれ)と雨氷
    5. 測定
    6. 地球的な平均と分布
  6. 気圧
    1. 気圧の測定
    2. 大気の層
    3. 水蒸気と気圧
    4. 気温差
      1. コリオリ力
      2. 地表面の摩擦
      3. 気圧傾度
    5. ジェット気流
    6. 鉛直的な空気の運動
    7. 風速とその計測
  7. 気団
    1. 定義
    2. 分類
    3. 共通の気団
      1. 熱帯海洋性
      2. 寒帯海洋性
      3. 寒帯大陸性と北極大陸性
      4. 熱帯大陸性
  8. 循環
    1. 大気の大循環(3セルモデル)
    2. 偏西風
      1. ジェット気流に戻ります
      2. エルニーニョとラニーニャ
    1. 前線
      1. 温暖
      2. 寒冷
      3. 停滞
      4. 閉塞
      5. 乾燥線
    2. 低気圧の形成
    3. 中緯度低気圧
      1. 激しい春の天気
  9. 雷雨
    1. 発達の段階
    2. 強雷雨
    3. スーパーセル
    4. 稲光と雷鳴
  10. 竜巻
    1. 発達
      1. 概要
    2. 発生
      1. 竜巻街道
    3. 予測
      1. ドップラー・レイダーの役割
    4. 破壊
      1. 藤田スケール
  11. ハリケーン
    1. 構造と消散
    2. 破壊
      1. 高潮と波
      2. 洪水
    3. 追跡
      1. 強さ
        1. 大きさ
      2. 航空機
      3. ブイ
      4. 衛星
  12. 汚染
    1. 温室効果
    2. 変動
    3. 情報源
    4. 汚染に影響する要素
      1. 安定度
    5. 酸性雨
      1. ただの雨ではない
  13. 光学
    1. 光の物理学
      1. 屈折
      2. 反射
    2. 暈(かさ)、太陽柱、及び幻日
    3. 蜃気楼
    4. オーロラ

関連書籍[編集]

Wikipedia
ウィキペディア気象学の記事があります。