海王星

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Main Page > 自然科学 > 天文学 > 太陽系 > 海王星

Wikipedia
ウィキペディア海王星の記事があります。
海王星。

海王星は太陽から一番遠い惑星で太陽系の第8惑星。

概要[編集]

海王星は天王星と同じく木星型惑星 (ガス惑星) に分類され、天王星型惑星にも分類される惑星である。

半径は地球の約3.8倍。質量は約17倍。

表面温度は-200℃を下回り、惑星の中では遠いのもあって最も低い。

自転周期は約16時間。公転周期は太陽からいちばん遠い惑星なのでいちばん長く、164.8年にもなる。

大気と構造[編集]

大気[編集]

海王星はガス惑星であるため水素とヘリウムを多く含む。海王星は天王星のようにメタンを含むので青く見える。大気の成分は以下の通りである。

  • 水素...80%
  • ヘリウム...19%
  • メタン...1.5%

構造[編集]

海王星の内部は内側から核、マントル、大気の順である。マントルの部分に水やアンモニア、メタンの氷があると思われている。

海王星には現在も現在衛星が14個、環が5個発見されている。海王星の衛星であるトリトンは大気を持つが厚さは地球の7万分の1程度である。

海王星探査[編集]

海王星はいちばん遠いため探査は難しく、1989年に接近したボイジャー2号のみが探査に成功している

ネプチューン・オービターなどの計画が考案されるも難航している。