病理学/生殖器

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

性染色体の異常[編集]

※ クライフェルター症候群やターナー症候群などは『病理学/先天異常#性染色体の異常』でも説明ずみ。

男性不妊症[編集]

性交は可能な状態の男性だが[1]、精液中の精子が乏しい(乏精子症)、または精子が無い(無精子症)などの理由で、女性を妊娠させる能力が無い状態を「男性不妊」という。

男性生殖器[編集]

炎症[編集]

ムンプス精巣炎[編集]

いわゆる「おたふく風邪」である流行性耳下炎腺を成人が発症すると、成人男性患者の20%[2][3][4]は精巣炎を併発し、不妊症の原因となる。

精巣上体炎[編集]

精巣上体炎は、クラミジア菌、淋菌、結核菌などによる。現代ではクラミジアによるものが多い[5][6]

梅毒が精巣炎または精巣上体炎を起こす場合もあり、「ゴム腫」と言われる特徴的な炎症を起こす。

腫瘍[編集]

胚細胞腫瘍[編集]

大別して、セミノーマ、奇形腫、卵黄嚢腫瘍、絨毛癌、胎児性癌などに分類される。

セミノーマ[編集]

セミノーマは肉眼的には灰白色腫瘍である。免疫染色では、胎盤性アルカリホスファターゼが陽性を示す。

精巣腫瘍や胚細胞腫瘍の中でも、セミノーマは頻度が大きい。精巣腫瘍の50%[7]、胚細胞腫瘍の90%[8]が、セミノーマであると言われている。

好発年齢は20~50歳代[9][10]である。

治癒率はよく、現在、治癒率は90%[11]であり、予後は良好である[12][13]

放射線感受性が高いので、治療では放射線治療をする場合もある[14][15][16]

なお、『精母細胞セミノーマ』[17][18]とされた腫瘍は、名前にセミノーマと付いているが、現代ではセミノーマではない事が組織学的に解明されている[19]

精母細胞セミノーマは50歳以上で発症しやすく、予後は良好である』[20][21]

胎児性癌[編集]
※ 資料不足のため、未記述。
卵黄嚢腫瘍[編集]

好発年齢は乳幼児期と青壮年期の2峰であるが、特に乳幼児期のほうが多い。

乳幼児期では単一組織型である[22][23]

絨毛癌[編集]

正常な妊娠女性の胎盤からはヒト絨毛性ゴナドトロピンが産生されるが[24]、 絨毛癌の男性からもその癌からヒト絨毛性ゴナドトロピンが産生される(hCG陽性)。

出血を引きおこす[25][26]

奇形腫[編集]

外胚葉、内胚葉、中胚葉のうちの、いくつかの組合わせからなる。

性索・性腺間質腫瘍[編集]

まず、「精巣間質」とは、精細管を包む白膜などの内部に充填されている細胞である。

そして、この間質に、ライディッヒ細胞、セルトリ細胞などが存在している。

なお、精巣の中は、精巣中隔によって、いくつかの小葉に分割されており、それぞれの小葉のなかに精細管がある。

ライディッヒ細胞腫[編集]

小児では性早熟。成人で発症すると、女性化乳房など女性化の症状が起きる。

顕微鏡的に、「ラインケ結晶」といわれる特徴的な結晶が見られる場合がある[27][28]。。

セルトリ細胞腫[編集]
※ 資料不足のため、未記述。

前立腺[編集]

前立腺肥大症[編集]

前立腺癌とは異なる。

前立腺肥大症では、前立腺の肥大により尿道部が圧迫されることで、排尿障害。

前立腺の移行帯に発生しやすい[29][30]

一般の成人男性でも、50歳以上の高齢者になると、治療は要しないが多くの成人男性の前立腺は肥大する。

疫学的には70歳以上では、80%以上の男性が前立腺が肥大している[31]。 85歳以上では、90%の男性が前立腺が肥大しており、そのうちの約25%に症状が出る[32]

前立腺肥大症の原因は不明である。しかし、健常な青少年ではアンドロゲンによって前立腺が性徴しているので、 アンドロゲンが何かしら高齢者の前立腺肥大にも関係していると考えられている[33]

前立腺癌[編集]

50歳以降の高齢者に多く、特に70歳代に多い[34][35]

前立腺癌は、解剖学的には、辺縁域(従来の外腺)に発生しやすい[36][37]

オカルト癌

前立腺癌は、骨に転移しやすい。 原発巣で見つかるよりも先に、転移先が見つかる癌のことをオカルト癌という。

前立腺癌およびその骨転移は、オカルト癌になりやすい例である。

陰茎[編集]

陰茎癌[編集]

50歳以上[38][39]。の高齢者に多い。患者はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染をしている場合が多いと言われている。

亀頭や包皮に腫瘍・潰瘍が発生する。

女性生殖器[編集]

外陰部[編集]

尖圭コンジローマ[編集]

ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の6型または11型の感染によって起きる。

外陰部のほか、膣、子宮頸部、に起きる。

乳房外パジェット病[編集]

乳癌にも同様の病気があるが、外陰部にも「パジェット細胞」と言われる腺癌細胞が上皮内を増殖する腫瘍がある。

※ 『スタンダード病理学』では皮膚疾患の単元に書いてある。
※ 『シンプル病理学』、『標準病理学』では、生殖器の単元にある。

[編集]

尖圭コンジローマ[編集]

外陰部の尖圭コンジローマと同様。

子宮頸部[編集]

子宮頸部びらん[編集]

※ 資料不足のため未記述。

偽びらん

慢性頸管炎[編集]

※ 資料不足のため未記述。『スタンダード病理学』『シンプル病理学』に記載あり。

子宮頸部扁平上皮内腫瘍[編集]

正常とはいえないが癌と呼ぶほどではないが、異形の病変の見られる状態のことを「異形成」という。

子宮頸部における扁平上皮層の異形成の分類には、

WHOによる CIN分類 と、
アメリカなどで用いられている ベゼスタ分類 、

がある。CIN とは crevical intraepithelial neoplasm の略である。

CINには、CIN 1~3 の3段階がある。

CIN 1 : 上皮の1/3 程度の異形成。
CIN 2 : 上皮の下層 2/3 の異形成。
CIN 3 : 上皮内の全層の異形成。

子宮頸部の異形成は、病原ウイルスの感染によって起きると考えられており、一般にヒト乳頭腫ウイルス[40](HPV)が原因とされている。

HPVには100種類以上の型が確認されているが[41]、特に子宮頸部の腫瘍として高リスクな腫瘍を引きおこす型として、16型および18型のHPVが問題視されており、16型と18型は「高リスク型」に分類されている[42][43]

※ なお、尖形コンジローマを起こす6型と11型のHPVは「低リスク型」に分類されている[44][45]

子宮頸癌[編集]

子宮頸癌の約80%[46]が扁平上皮癌である。

HPV感染によるものが多い[47][48]

日本では減少傾向にあり[49][50]、子宮がん検診の効果と考えられている[51]

微小浸潤扁平上皮癌
※ 未記述.
角化型

癌真珠

※ 未記述.

腺癌[編集]

HPV感染によるものが多いが、HPV感染の見られないものも報告されている[52][53]

子宮体部[編集]

子宮内膜炎[編集]

子宮内膜「炎」 endometritis は、子宮内膜「症」 endmetoriosis とは異なる[54][55]

急性内膜炎は、分娩や流産後の細菌感染による場合が多い[56][57]

子宮リングなどの子宮内避妊装置(IUD[58])などの装着の際に、放線菌症として子宮内膜炎が生じる場合がある[59][60]

子宮内膜症[編集]

子宮内膜「症」 endmetoriosis は、子宮内膜「炎」 endometritis とは異なる[61][62]

子宮内膜症とは、正常な内膜の位置以外の場所に、異所的に内膜が発生する症状である。

月経の周期にあわせて出血を起こす。

卵巣では、嚢胞をきたし、凝血[63]の形状から「チョコレート嚢胞」と呼ばれる。

直腸壁などの消化管壁、肺[64]や横隔膜[65]など、性器以外の箇所にも病変をおよぼす[66][67]

子宮内膜増殖症[編集]

子宮内膜増殖症は、エストロゲンの過剰によって起きる[68][69]と考えられている[70]

※ 『シンプル病理学』は慎重論。

臨床症状としては、不正性器出血をきたす[71][72]

閉経前後の年齢で起きやすい[73][74]

子宮筋腫[編集]

子宮の平滑筋の腫瘍である。子宮「平滑筋腫」[75][76]ともいう。一般的には良性腫瘍である。

※ 『スタンダード病理学』では「平滑筋肉腫」。

平滑筋肉腫[編集]

※ 資料不足のため未記述。

組織学的には核分裂像が多い[77][78]

卵管[編集]

卵管炎[編集]

細菌の上行感染で起きる[79][80]

子宮外妊娠[編集]

子宮外妊娠は、卵管で着床する場合が代表的である(卵管妊娠[81][82][83])。

急性腹症を起こす[84][85]。卵管破裂を引きおこす。

子宮内膜腺[86]に、アリアス-ステラ現象が見られる[87][88]

胚細胞腫瘍[編集]

女性における胚細胞腫瘍とは、卵母細胞に由来する腫瘍である。

成熟奇形腫の頻度が、胚細胞腫瘍の中で最も高い[89][90]

成熟奇形腫[編集]

※ 奇形腫は、受精・妊娠していない状態でも起きる病気です。

三胚葉のいずれからも構成される。

扁平上皮層に覆われた奇形組織に、毛髪(外胚葉に由来)・歯・甲状腺(内胚葉に由来)などが存在する。

外胚葉としては、毛髪や皮脂腺や汗腺、
中胚葉としては脂肪、軟骨、
内胚葉としては甲状腺、

など。

未熟奇形腫[編集]

胎児様組織からなる腫瘍。

胎盤の毯毛性疾患[編集]

※ 通常、妊娠中に発生する疾患。

正常の女性でも、妊娠時の胎盤には絨毛がある。

胞状奇胎[編集]

胞状奇胎とは、絨毛における栄養膜細胞の異常増殖と間質の浮腫を言う[91][92]

※ 「絨毛における」から「浮腫」まで、『スタンダード病理学』と『標準病理学』で文言が一致。

古典的には、絨毛が水腫状に腫大して直径2mmを超えるものを言ったが[93][94][95]、妊娠周期が早期の場合には2mmを超えないものがあるので、現在は組織学的に診断される[96]

全胞状奇胎[編集]

大部分の絨毛が水腫状の場合を「全胞状奇胎」という。

組織学的には、栄養膜細胞の以上増殖と絨毛間質の浮腫が認められる[97][98]

胎児成分は存在しない[99][100]

※ 『シンプル病理学』では、「胎児血管を欠く」(つまり、胎児血管は存在しない)と、やや限定ぎみの慎重論。
※ 臍帯の有無については、『標準病理学』・『スタンダード謬理学』は言及せず。
部分胞状奇胎[編集]

肉眼的には、正常と水腫状の混在する奇胎。胎児成分が見られる場合が多い[101][102]

※ 『シンプル病理学』では、胎児成分を見られる場合があるとだけの慎重論で、多いか少ないかは言及していない。

2精子受精によって発生し、遺伝学的には3倍体である事が多い[103][104]

侵入胞状奇胎[編集]

※ 「胞状奇胎」とは別の疾患[105][106]として分類される。

胞状奇胎が子宮筋層あるいは筋層の血管まで侵入を示すものを言う。

ほとんどが胞状奇胎に続発する[107]

※ 侵入胞状奇胎は、かつて「破壊性胞状奇胎」とも言ったらしいが(シンプル病理とワンポイント病理に記載あり)、スタンダード病理と標準病理には記載が無い。

絨毛癌[編集]

栄養膜細胞の異常細胞からなる悪性腫瘍である[108][109]。肉眼的には、出血・壊死の多い[110][111]、脆弱[112]な細胞である。

組織学的には、細胞性栄養膜、合胞性栄養膜、あるいは中間型[113]からなる。

血行性転移を示しやすく、肺や膣[114]や脳などに転移をきたしやすい[115][116][117]

乳腺[編集]

※ 特に断りの無いかぎり、患者の性別については、女性とする。本単元では原則、女性の乳腺の疾患について記述する。

『標準病理学』『スタンダード病理学』などの医学書でも同様であり、乳腺に関しては、女性生殖器の単元の近くで、女性の場合について重点的に書いている。
※ 単元名は「乳腺」だが、本wikiの本単元では女性の乳房一般を扱う。『標準病理学』『スタンダード病理学』などの医学書でも同様の構成である。

乳腺炎[編集]

急性乳腺炎のうち、うった滞乳腺炎は、授乳初期の乳管の閉塞によるものである。初産婦に多い。真の炎症ではない[118]

細菌性乳腺炎は、乳頭が傷ついたときなどの感染によるものであり、黄色ブドウ球菌などによるものである。


乳管拡張症[編集]

※ 未記述.

※ 著作中キーワード

形質細胞、炎症、[119][120]

外傷性脂肪壊死[編集]

※ 未記述.

異物肉芽腫[編集]

豊胸術に用いた異物(シリコン[121][122]やパラフィン[123][124]など)に対する反応として、腫瘤が形成される。

※ 医学用語では、「豊胸手術」ではなく「豊胸術」[125][126]です。

乳腺症[編集]

非炎症性・非腫瘍性、

「線維嚢胞症」ともいう。

30~40歳[127]程度の性成熟期[128]の女性にみられる。

エストロゲンが関与していると考えられているが[129][130][131]、詳細の原因は不明である[132]


乳管過形成

「乳管乳頭腫症」ともいう。乳管上皮が異常に増殖する。

※ 『標準病理学』では、以降の「アポクリン化生」などは冒頭で太字になってるのに、なぜか「乳管過形成」だけ冒頭が太字になっていない。
『標準病理学』は「小葉過形成」(乳管過形成とは別の部位)も紹介。
アポクリン化生

乳管が、アポクリン汗腺に・・・(著作中)[133][134]

嚢胞

分泌物がなんらかの通過障害[135]をされ、分泌物が貯留される事により[136]、小葉[137]または乳管が拡張する。

男性の女性化乳房[編集]

男性なのに、ホルモン異常[138]などの原因により、乳房が女性のように大きくなる現象があり、これを「女性化乳房」という。

※ 疾患名としては、単に「女性化乳房」とだけ言う。

特に、エストロゲン過剰で起きる[139][140]

肝硬変[141][142]などの肝疾患、性染色体異常のクラインフェルター症候群[143][144]に付随することがある。

腫瘍[編集]

良性腫瘍[編集]

乳管内乳頭腫[編集]

乳管内乳頭腫は、乳管内に、筋上皮と、乳管上皮とが、2相性を保ちながら、乳頭状あるいは管状[145]に増殖する[146][147]

乳頭分泌を生じ、時に血性[148]の分泌である。

線維腺腫[編集]

乳腺の良性腫瘍の中では、最も頻度が高い[149]に増殖する[150][151]

好発年齢として、20~30歳代の女性に多い。 境界が明瞭である。

組織学的には、間質成分と上皮成分との混合からなる。

葉状腫瘍[編集]
※ 未記述.

乳癌[編集]

乳がんの総論[編集]

欧米では、女性の9人に1人は生涯のうちに乳癌を発症すると言われている[152][153]

※ 標準病理とシンプル病理で、数字が若干違う。標準病理が9人に1人。

40~60歳代の女性に発症が多い。

日本でも乳癌の患者数は増加傾向である[154][155]

検診などにおける「マンモグラフィー」とは、乳腺のX線検査のことである[156][157]

治療法は古典的には、外科手術による乳腺の全摘出であった[158][159]

しかし1990年[160]以降の現代では、放射線照射などと組み合わせて、乳房・乳腺は部分切除で済ませる、乳腺温存療法も行われている[161][162][163]。(「乳房部分切除 + 放射線照射」[164]

乳癌にはエストロゲン受容体とプロラクチン受容体[165][166]がある。特にエストロゲンによって、乳癌は増殖が促進される。

したがって乳癌治療では、抗エストロゲン製剤が投与される事が一般的である[167][168]。(いわゆる「ホルモン療法」[169][170][171]

近年、HER2遺伝子というのが乳癌に関係していると考えられている[172][173][174]

乳癌の検査では、マンモグラフィーと超音波検査がある。

パジェット病[編集]

乳頭や乳輪の表皮に、癌細胞が進展したもの。

臨床的には、乳頭のびらん[175][176][177]が初期症状である事が多い[178]

乳頭や乳輪の湿疹様発赤[179]を生じる場合もある[180][181]

横断的な知識[編集]
代表的な乳腺腫瘤の特徴
乳癌 乳腺症 線維腺腫
年齢 40~60歳代[182][183] 35~50歳[184] 20~30歳代[185]
発生部位 片側 しばしば両側 片側
境界 不明瞭 不明瞭 明瞭
圧痛 まれ 多い まれ
可動性 あり なし なし

悪性葉状腫瘍[編集]

※ 未記述.

脚注[編集]

  1. ^ 『シンプル病理学』
  2. ^ 『スタンダード病理学』
  3. ^ 『シンプル病理学』
  4. ^ 『標準病理学』
  5. ^ 『スタンダード病理学』
  6. ^ 『シンプル病理学』
  7. ^ 『スタンダード病理学』
  8. ^ 『標準病理学』
  9. ^ 『標準病理学』
  10. ^ 『シンプル病理学』
  11. ^ 『標準病理学』
  12. ^ 『標準病理学』
  13. ^ 『スタンダード病理学』
  14. ^ 『標準病理学』
  15. ^ 『スタンダード病理学』
  16. ^ 『シンプル病理学』
  17. ^ 『標準病理学』
  18. ^ 『シンプル病理学』
  19. ^ 『標準病理学』
  20. ^ 『標準病理学』
  21. ^ 『シンプル病理学』
  22. ^ 『スタンダード病理学』
  23. ^ 『シンプル病理学』
  24. ^ 『シンプル病理学』
  25. ^ 『標準病理学』
  26. ^ 『シンプル病理学』
  27. ^ 『標準病理学』
  28. ^ 『スタンダード病理学』
  29. ^ 『標準病理学』
  30. ^ 『シンプル病理学』
  31. ^ 『シンプル病理学』
  32. ^ 『標準病理学』
  33. ^ 『シンプル病理学』
  34. ^ 『シンプル病理学』
  35. ^ 『スタンダード病理学』
  36. ^ 『シンプル病理学』
  37. ^ 『標準病理学』
  38. ^ 『標準病理学』
  39. ^ 『スタンダード病理学』
  40. ^ 『シンプル病理学』
  41. ^ 『標準病理学』
  42. ^ 『スタンダード病理学』
  43. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  44. ^ 『スタンダード病理学』
  45. ^ 『標準病理学』
  46. ^ 『標準病理学』
  47. ^ 『標準病理学』
  48. ^ 『スタンダード病理学』
  49. ^ 『標準病理学』
  50. ^ 『シンプル病理学』
  51. ^ 『標準病理学』
  52. ^ 『標準病理学』
  53. ^ 『スタンダード病理学』
  54. ^ 『スタンダード病理学』
  55. ^ 『シンプル病理学』
  56. ^ 『スタンダード病理学』
  57. ^ 『標準病理学』
  58. ^ 『スタンダード病理学』
  59. ^ 『スタンダード病理学』
  60. ^ 『シンプル病理学』
  61. ^ 『スタンダード病理学』
  62. ^ 『シンプル病理学』
  63. ^ 『標準病理学』
  64. ^ 『標準病理学』
  65. ^ 『スタンダード病理学』
  66. ^ 『スタンダード病理学』
  67. ^ 『標準病理学』
  68. ^ 『スタンダード病理学』
  69. ^ 『標準病理学』
  70. ^ 『シンプル病理学』
  71. ^ 『標準病理学』
  72. ^ 『シンプル病理学』
  73. ^ 『標準病理学』
  74. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  75. ^ 『シンプル病理学』
  76. ^ 『標準病理学』
  77. ^ 『スタンダード病理学』
  78. ^ 『シンプル病理学』
  79. ^ 『スタンダード病理学』
  80. ^ 『標準病理学』
  81. ^ 『スタンダード病理学』
  82. ^ 『標準病理学』
  83. ^ 『シンプル病理学』
  84. ^ 『スタンダード病理学』
  85. ^ 『標準病理学』
  86. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  87. ^ 『標準病理学』
  88. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  89. ^ 『スタンダード病理学』
  90. ^ 『標準病理学』
  91. ^ 『スタンダード病理学』
  92. ^ 『標準病理学』
  93. ^ 『標準病理学』
  94. ^ 『シンプル病理学』
  95. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  96. ^ 『標準病理学』
  97. ^ 『標準病理学』
  98. ^ 『スタンダード病理学』
  99. ^ 『標準病理学』
  100. ^ 『スタンダ-ド病理学』
  101. ^ 『標準病理学』
  102. ^ 『スタンダ-ド病理学』
  103. ^ 『標準病理学』
  104. ^ 『スタンダ-ド病理学』
  105. ^ 『標準病理学』
  106. ^ 『スタンダ-ド病理学』
  107. ^ 『標準病理学』
  108. ^ 『標準病理学』
  109. ^ 『スタンダ-ド病理学』
  110. ^ 『標準病理学』
  111. ^ 『スタンダ-ド病理学』
  112. ^ 『標準病理学』
  113. ^ 『スタンダ-ド病理学』
  114. ^ 『標準病理学』
  115. ^ 『標準病理学』
  116. ^ 『シンプル病理学』
  117. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  118. ^ 『シンプル病理学』
  119. ^ 『スタンダード病理学』
  120. ^ 『シンプル病理学』
  121. ^ 『シンプル病理学』
  122. ^ 『標準病理学』
  123. ^ 『スタンダード病理学』
  124. ^ 『標準病理学』
  125. ^ 『スタンダード病理学』
  126. ^ 『標準病理学』
  127. ^ 『標準病理学』
  128. ^ 『シンプル病理学』
  129. ^ 『スタンダード病理学』
  130. ^ 『標準病理学』
  131. ^ 『シンプル病理学』
  132. ^ 『シンプル病理学』
  133. ^ 『スタンダード病理学』
  134. ^ 『標準病理学』
  135. ^ 『標準病理学』
  136. ^ 『スタンダード病理学』
  137. ^ 『標準病理学』
  138. ^ 『スタンダード病理学』
  139. ^ 『スタンダード病理学』
  140. ^ 『標準病理学』
  141. ^ 『標準病理学』
  142. ^ 『シンプル病理学』
  143. ^ 『標準病理学』
  144. ^ 『シンプル病理学』
  145. ^ 『標準病理学』
  146. ^ 『スタンダード病理学』
  147. ^ 『標準病理学』
  148. ^ 『標準病理学』
  149. ^ 『標準病理学』
  150. ^ 『スタンダード病理学』
  151. ^ 『標準病理学』
  152. ^ 『標準病理学』
  153. ^ 『シンプル病理学』
  154. ^ 『標準病理学』
  155. ^ 『シンプル病理学』
  156. ^ 『スタンダード病理学』
  157. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  158. ^ 『スタンダード病理学』
  159. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  160. ^ 『スタンダード病理学』
  161. ^ 『標準病理学』
  162. ^ 『スタンダード病理学』
  163. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  164. ^ 『標準病理学』
  165. ^ 『標準病理学』
  166. ^ 『シンプル病理学』
  167. ^ 『スタンダード病理学』
  168. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  169. ^ 『スタンダード病理学』
  170. ^ 『シンプル病理学』
  171. ^ 『図解ワンポイントシリーズ3 病理学』
  172. ^ 『標準病理学』
  173. ^ 『シンプル病理学』
  174. ^ 『スタンダード病理学』
  175. ^ 『標準病理学』
  176. ^ 『シンプル病理学』
  177. ^ 『スタンダード病理学』
  178. ^ 『スタンダード病理学』
  179. ^ 『標準病理学』
  180. ^ 『標準病理学』
  181. ^ 『シンプル病理学』
  182. ^ 『シンプル病理学』
  183. ^ 『スタンダード病理学』
  184. ^ 『スタンダード病理学』
  185. ^ 『スタンダード病理学』