研究材料の採集と標本作製

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
改名提案

この項目「研究材料の採集と標本作製」は、タイトル名と内容に関し議論や投票をしています。詳細はこの項目のノートを参照してください。


研究材料の採集と標本作製

系統分類学において生物多様性の実態を調べるとき、野外に生息する研究材料を探索、採集し、標本を作製することは研究の必須事項である。また、生態学において他項目で詳述する個体群や生物群集の調査をするとき、研究対象の生物のデータをとるためや、種を特定するために参照標本を得るためにもこの技術が必要になる。

また、分子生物学系の分野であっても、研究に適したモデル生物を探索し、同定する必要が生じることがあり、必ずしも無縁な技術ではない。

微生物の採集・培養・標本作製[編集]

  1. 細菌の採集・培養・標本作成
  2. 原生動物の採集・培養・標本作製
  3. 変形菌の採集・標本作製
  4. 菌類の採集・培養・標本作製
  5. 藻類の採集・培養・標本作製

植物の採集と標本作製[編集]

  1. コケ植物の採集と標本作製
  2. 維管束植物の採集と標本作製

動物の採集と標本作成[編集]

  1. 水生無脊椎動物の採集と標本作成
  2. 寄生虫の採集と標本作製
  3. 土壌動物の採集と標本作成
  4. 軟体動物の採集と標本作成
  5. 甲殻類の採集と標本作製
  6. クモの採集と標本作製
  7. 昆虫の採集と標本作製
  8. 魚類の採集と標本作成
  9. 両生類の採集と標本作製
  10. 爬虫類の採集と標本作製
  11. 哺乳類の採集と標本作製