社会調査

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

社会調査(しゃかいちょうさ)とは、社会にいる人々の意識や実態などを図る方法である。社会学だけではなく、様々な分野で活用できる。このページでは、社会調査の概要および社会調査士(過程)についても説明する。各分野の詳細な内容は、サブページを参照してほしい。なお、このページおよびこのページのサブページでは、社会調査士課程の内容に準ずることにする。

社会調査とは[編集]

社会調査では、社会の実態や行動を調査する方法を調査の計画から報告書の作成までを体系的に学ぶ学問である。社会調査の種類は、アンケート(調査票調査)やインタビューなどの聞き取り調査はもちろん含まれるが、文章や過去の映像などのメディアを分析する方法も含まれる。

社会調査士資格について[編集]

社会調査士(しゃかいちょうさし)とは、社会調査協会が認定している資格である。この資格を取得するには、社会調査協会からカリキュラムの認定を受けている大学で所定の科目(後述)を修得することで取得できる。具体的には、A~G科目があり、A・B・C・D・G科目は必修、E・F科目はどちらか片方を選択する。下記に各科目の内容を示す。

社会調査の科目[編集]

  • A科目:社会調査の入門
  • B科目:調査設計から実施方法を学ぶ科目
  • C科目:基本的な資料と分析方法を学ぶ科目
  • D科目:社会調査に必要な統計学を学ぶ科目 ※社会統計学
  • E科目:量的(数的)なデータの扱い方
  • F科目:質的なデータの扱い方
  • G科目:社会調査の実習(フィールドワーク)

Wikibooksでの解説[編集]

関連項目・リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディア社会調査の記事があります。
このページ「社会調査」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。