コンテンツにスキップ

経営戦略

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

ITパスポート試験 > 経営戦略


経営戦略マネジメント[編集]

経営戦略[編集]

企業の経営において、長期的な視点で、時代の変化に対応し、他者との競争を勝ち抜くために採られるのが、経営戦略です。企業の存在意義や行動指針を基に、目標を見据え、企業の位置付けから構想を練っていくのです。まず必要なのは、企業の実力を判断するための分析です。SWOT分析(Strength, Weakness, Opportunity, Threatens)では、企業の内部環境と外部環境を分析します。PPM(英:Product Portfolio Management)では、企業が扱う事業や製品を、その特徴を基に評価します。PLC(Product Life Cycle)では、製品に対する市場の反応を、各段階で分析し、販売戦略に役立てます。その他にも、ベンチマーキングといって他者を自社との比較目標とするケースもあるようです。経営戦略を立てる上では、競争優位ということを考えます。例えば、企業のコアコンピタンス顧客満足度(CS)が、重要な要素になります。アライアンスについては、経営戦略の指針を示す上で、十分に可能性を検討しなければなりません。この経営戦略を経営執行機関は、立案し競争市場の土台に立つ分けです。会社法では、株式会社は、株主総会を意思決定最高機関として、代表取締役を決定します。オフィスツールなどを利用して、経営戦略の策定は進みます。

マーケティング・ビジネス戦略[編集]

顧客のニーズを的確に反映した商品を製造し、販売する仕組みを作るための活動が、マーケティングです。マーケティングは、まず、市場調査から始め、マーケティングミックスに繋げます。この分析を基に、販売計画製造計画仕入計画を練ります。また、マーケティングでは、セールスプロモーションも行わなければなりません。この際、ワントゥーワンマーケティングターゲットマーケティング顧客ロイヤリティーなどを考え、顧客満足度調査を行う必要があるようです。

経営戦略やビジネス戦略を、具体化したものがビジネス戦略です。まず、ヴィジョンを策定し、戦略マップバランススコアシートを元にビジネス環境の分析を行っていきます。次に、CSF分析を行い、リスク評価を考慮しながら、KGIやより具体的なKPIを導出していきます。この結果、バリューエンジニアリングによる機能向上やコスト削減などの生産改善を図ります。

経営管理システム[編集]

技術戦略マネジメント[編集]

企業の経営には、長期的な視点に立脚したR&Dによる企業の持続的な発展をすることが不可欠です。そのために、経営部門と研究開発部門が協調した技術開発戦略を立ち上げることになります。決定事項や予測をロードマップにまとめていくのですが、このとき、デルファイ法が活用されています。セル生産方式ライン生産方式BTOなどの生産方式の選択は、技術戦略を策定する上で重要です。


ビジネスインダストリ[編集]

ビジネスシステム[編集]

ビジネスの世界にも情報システムを利用した経済が一般的になりつつありますが、そうした情報システムの例には、幾つかの例が見られます。

こうした情報システムは、現代社会のインフラとして私たちの生活を支えています。この他にも、業務の際には、ERPパッケージ業務別ソフトウェアなどのソフトウェアパッケージなどにも応用されています。また、電子政府の一環として、住民基本台帳システム電子申請・届出システムといったシステムが導入されています。


エンジニアリングシステム[編集]

エンジニアリング分野でも、自動化による効率化を目的にITシステムが導入されるようになっています。例えば、CADCAMは、そうしたシステム化の例です。FACIMに活用され、現代社会の生活を支えています。


eビジネス[編集]

ネットワークを活用して、商業活動を行うことを、電子商取引と言います。B to BB to CB to EC to CG to Cは、そうした電子商取引を分類したものです。EDIの導入などに見られるように、電子商取引が盛んになるにつれて、信用問題やセキュリティーの問題などが生じています。


組込みシステム[編集]

組込みシステムとは、特定の機能を持たせるために組込まれたコンピュータシステムのことでマイクロコンピュータと呼ばれ、専用のソフトウェアである組込みOSと必要最低限のメモリCPUROMを搭載するハードウェアで成り立っています。こうした組込みシステムには、概ねリアルタイムOSが使われ、民生機器産業機器に頻繁に利用されています。

関連項目[編集]