販売費および一般管理費要素の分類基準

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原価計算基準 第二章 実際原価の計算 第五節 販売費及び一般管理費の計算

三七 販売費および一般管理費要素の分類基準[編集]

 販売費および一般管理費の要素を分類する基準は、次のようである。

(一) 形態別分類

 販売費および一般管理費の要素は、この分類基準によって、たとえば、給料、賃金、消耗品費、減価償却費、賃借料、保険料、修繕料、電力料、租税公課、運賃、保管料、旅費交通費、通信費、広告料等にこれを分類する。

(二) 機能別分類

 販売費および一般管理費の要素は、この分類基準によって、たとえば、広告宣伝費、出荷運送費、倉庫費、掛売集金費、販売調査費、販売事務費、企画費、技術研究費、経理費、重役室費等にこれを分類する。
 この分類にさいしては、当該機能について発生したことが直接的に認識される要素を、は握して集計する。たとえば広告宣伝費には、広告宣伝係員の給料、賞与手当、見本費、広告設備減価償却費、新聞雑誌広告量、その他の広告料、通信費等が集計される。

(三) 直接費と間接費

 販売費および一般管理費の要素は、販売品種等の区別に関連して、これを直接費と間接費とに分類する。

(四) 固定費と変動費

(五) 管理可能費と管理不能費

解説[編集]