通訳案内士試験

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

試験概要[編集]

通訳案内士試験は受験する外国語において英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語の10種類に分かれます。受験資格に制限はありません。

試験対策[編集]

このページ「通訳案内士試験」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。