量子力学/角運動量の合成

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角運動量の合成[編集]

この章では二つの角運動量の合成、すなわち二つの角運動量の足し算を考える。

スピン1/2の合成[編集]

ある電子スピン があったときに、 そのz成分は をとる。

いま電子スピン があったときに、 これらの合成スピン を考える。

まず、合成スピンのz成分を求めると

の4通りの組み合わせが考えられる。

この組み合わせでのの取り方は

の2通りの方法があります。 これがスピンを合成した結果です。