釣り

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

湖沼などの水中に器械、竿を仕掛け、水中の生物を獲ること。釣りには一般的に竿、釣り糸、釣り針を使う。

概説[編集]

魚釣りで最も典型的な手順は、釣り針にルアー、光沢針、毛針などをつけ、釣り糸でつなぎ、釣竿の先端に結ぶ。そして、魚が食いつくのを待ち、食いついたら竿をひき魚を引き寄せて捕獲する。