難解プログラミング言語の作り方

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本書はいくつかの既成のw:難解プログラミング言語をもとにして、新たな難解プログラミング言語を作る方法を紹介します。 作成言語はC#とします。すべてインタプリタです。

この本をすべて読み終わるころには、あなたは難解言語を使い、作れるようになります。

この本はC#の本ではないので、C#の学習を重視しているわけではありません。なので、実装に時間がかかったり、実装が大変なものは省いています。それぞれのページにその旨を記載しています。

読者対象:

  • C#を知っている・少し使える人(ハローワールド、基本的な演算ができる人)で、難解言語を知りたい人もしくは作ってみたい人。

目次[編集]

進捗状況の凡例

00%.svg 数行の文章か目次があります。
25%.svg:本文が少しあります。
50%.svg:本文が半分ほどあります。
75%.svg: 間もなく完成します。
100 percent.svg: 一応完成しています。


  1. /難解プログラミング言語とは
  2. /Brainfuckをもとにする
  3. /HQ9+をもとにする
  4. /Deadfishをもとにする
  5. /ちょっとコーヒーブレイク(1) Esolang wikiに投稿してみよう
  6. /参考文献