電気工事士試験

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


試験概要[編集]

電気工事士試験は第一種第二種の2種類があります。受験資格に制限はありません。

主に筆記試験実技試験があり、筆記試験で100点中60点以上で実技試験を受けることができます。

第二種[編集]

筆記試験[編集]

筆記試験は50問あり、1問2点なので、50問中30問以上が正解ならば、筆記試験は合格となります。

解説[編集]

問題集[編集]

実技試験[編集]

実技試験は筆記試験を合格した場合に受けることができます。第二種電気工事の実技試験は40分で、シンプルな電気回路を完成させ、欠陥が無かった場合に合格となります。

どのような回路を作るのかは事前にいくつか発表され、試験当日にいくつかの回路の中からどれか1つを選ばれ、その回路を完成させます。

第一種[編集]

筆記試験[編集]

筆記試験は50問あり、1問2点なので、50問中30問以上が正解ならば、筆記試験は合格となります。

解説[編集]

問題集[編集]

実技試験[編集]

(調整中)

このページ「電気工事士試験」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。