音階和音

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ある音階に使われる音のみを用いて、和音を作ることができます。それが音階和音です。今回はハ長調(C dur)を例に説明していきます。

音階和音[編集]

ハ長調の音階各音を根音として、ハ長調の音階固有の音のみを使って三和音を作るとこうなりますここで、7番目にできている和音だけ、根音と第5音の間が減5度になっているので、ここでは一旦考えないことにします。

これら6つの和音は、根音が音階の何番目かによって、 Ⅰ度の和音 Ⅴ度の和音などと呼ぶことができます。
また、大文字の数字と小文字の数字の違いは、その和音が長和音か、短和音の違いを表しています。大文字の場合は長和音で、小文字の場合は短和音です。

参考[編集]

ギリシャ数字の読み方
1 2 3 4 5 6 7
大文字
小文字