コンテンツにスキップ

高等学校古文/助詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

係り結びの法則[編集]

こそ(強意の助詞)→已然形で結ぶ

花こそ摘みしか。

ぞ・なむ(強意)・や・か(疑問・反語)→連体形で結ぶ

花ぞ摘みし。
花なむ摘みし。
花や摘みし。
いつか花摘みし。