コンテンツにスキップ

高等学校古文

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

学習内容[編集]

和文[編集]

文法[編集]

敬語[編集]

大きく分けて、尊敬語、謙譲語、丁寧語に分類される。 多くの場合、尊敬語は行為の主体(主語)、謙譲語は行為の客体(受け手)、丁寧語は読者に対して用いられる。 会話を伴わない文では全て筆者から上記に対するものである一方、会話文中ではどれが主体でどれが客体に当たるかを識別する手法を学ぶ。

和歌修辞法[編集]

付録[編集]

漢文[編集]

実際に古文を読んでみよう[編集]

和文[編集]

和歌[編集]

物語・史書[編集]

随筆・随想[編集]

  1. 方丈記鴨長明

紀行文[編集]

漢文[編集]

漢詩[編集]

歴史書[編集]

思想[編集]

散文・説話[編集]

関連リンク[編集]