高等学校工業 電子回路/波形整形回路

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページ「高等学校工業 電子回路/波形整形回路」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。

クリッパ回路[編集]

ピーククリッパ
ベースクリッパ

図のように、入力された電圧を、ある一定電圧で切り取って、残りの部分を出力する回路のことをクリッパという。

クリッパのうち、波形の上の部分を切り取って、残りを出力する回路をピーククリッパという。

いっぽう、クリッパのうち、波形の底の部分を切り取って、残りを出力する回路をベースクリッパという。


リミッタ[編集]

リミッタ回路


リミッタ回路とは図のように、ベースクリッパとピーククリッパを組み合わせた回路である。リミッタ回路は、入力波形の振幅を制限する機能をもつ。


スライサ[編集]

スライサ回路


上図のような回路が、入力波形の一部をうすく切りとる(スライスする)ように機能するのでスライサ回路という。

シュミット回路[編集]