高等学校政治経済/政治/右翼と左翼、保守と革新

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

予備知識[編集]

※ 検定教科書では、「保守」「革新」の意味を説明せず、教科書に「保守」「革新」という用語を使用している。また、「左翼」「右翼」の意味を説明せず、「左右」などの用語を用いている。(検定教科書の政治的な中立性とも絡んで、説明しずらいのだろうか?)

※ 本節では、これから「右翼」「左翼」、「保守」「革新」の用語の意味を説明し、また、自由民主党および日本社会党の大まかな政策傾向について説明する。もし読者が知ってれば、読みとばして、そのまま「55年体制」についての節へと進んで良い。

参考: 政策の傾向[編集]

政策の分野には、経済・外交・教育・安全保障・医療・科学技術など、様々な政策があるが、日本における各党の政策傾向については、自衛隊の扱い方を基準に考えると、分かり易いだろう。

  • 自由民主党(じゆう みんしゅとう)、略称は「自民党」(じみんとう)

板垣退助の自由民権運動の流れを組む、日本の自由民主党は、憲法改正によって自衛隊を軍隊として憲法で正式に認めさせるすることに、他党よりも比較的、積極的である。そもそも、第二次大戦後の自民党の結党の目的のひとつが自衛隊を軍隊として追認させるために憲法改正することであり、現在も改憲を目指している。なお、自民党は1955年に結成された。

また、自民党は、日米安保およびアメリカを同盟国とすることに積極的である。

  • 社民党や民主党について

まず、第二次大戦後のころの日本には「社会党」(しゃかいとう)という、けっこう規模の大きな政党があった。正式名称は「日本社会党」である(「社会党」は略称)。(2016年の時点では、「社会党」「日本社会党」という名称の政党は、日本には存在しない。) なお、日本社会党は1945年に結成されたが、母体となった戦前の政党の対立関係から一時分裂する。1955年に分裂が解消された。

この日本社会党は、自衛隊を国防軍のようにする憲法改正には反対であった。自衛隊反対の根拠は、非武装中立論である。

また、アメリカを同盟国となることも、「アメリカの戦争に巻き込まれる」的な理由で、アメリカとの軍事的な連携には消極的・批判的であった。

よって、自民党とは、自衛隊のあり方については、日本社会党は反対の立場であった。

なお、現在の「社会民主党」は、その日本社会党の系統の政党である。また、2009年に政権与党にもなった民主党(2016年に「民進党」と改名)には、それ以前に社会党から民主党に移った議員も多かった。

「左翼」と「右翼」[編集]

日本語では、自国や自民族が持っている元来の文化、伝統、風習、思想等を重視した政治思想とその支持者のことを右翼(うよく)とよぶ。一方、現在の政治・経済のあり方に批判的で、特に国王・貴族・特権層による専制政治や資本主義のあり方に対して変革を求める政治思想とその支持者を左翼(さよく)とよぶ。

語源は、一般的な説では、フランス革命のときの国民議会の用語らしく、議会の陣営についての用語である。フランス革命のときの議会で、王党派・貴族派といった伝統勢力の議席が、議長から見た方向で議事堂の右側に多く、いっぽう、革新派の議席が議事堂の左側に多かったのが、由来である。(※ 高校「政治経済」は世界史の教科ではないので、高校生はまだ「右翼」「左翼」の由来に深入りしなくて良い)

なお、英語でも、右翼思想のことを「right」(ライト)または right wing という。みぎ方向をあらわす英単語 right と同じスペルである。左翼思想のことは「left」(レフト)または left wing という。ひだり方向をあらわす英単語 left と同じスペルである。

政治学や政策の議論で「右寄り」(みぎより)・「左寄り」(ひだりより)とか言ったら、それぞれ、「右寄り」なら右翼寄りの思想のことであり、「左寄り」なら左翼寄りの思想のことである。 あるい政治学などで「左右」(さゆう)とか言ったら、右翼と左翼の両方をまとめて言及してるのである。

大まかな右翼・左翼の理念・政策の違い[編集]

おもに近現代の日本における右翼と左翼
左翼 理念・政策 右翼
多民族と日本民族は平等 民族 日本民族(和人)を優先
否定的 軍事力の強化 肯定的
権利を優先 権利と義務 義務を優先
個人を尊重する 個人と社会の関係 国家や共同体を尊重する
多様性や変化を認める 家族や郷土に対して 旧来のものを尊重する
ソビエトの陣営に協力的
日米安保に反対
アメリカに懐疑的
冷戦中の外交方針 アメリカの陣営に協力的
日米安保を強化
ソビエトに懐疑的
国家に対して批判的・懐疑的 国家に対する態度 国家への忠誠を優先
否定的。
権限に制限を加えるか廃止をめざす。
天皇・国王・皇帝 肯定的。
場合によっては王の直接政治(親政)を望む。
検討 古来からの封建的な伝統に対して なるべく保持
植民地争奪の帝国主義戦争 太平洋戦争について(日本) 防衛戦争またはアジアの解放戦争
第9条の戦力不保持を維持(護憲、穏健)
天皇制の廃止などのために改憲(急進)
日本国憲法の改憲に対して(日本) 第9条を改憲して戦力保持を明記

以上の表では、おもに現代の日本における、右翼と左翼の違いをあらわした。このように、「右翼」「左翼」の分類には色々な要素が絡むので、組み合わせのパターンは複雑である。

また、戦前(第二次世界大戦前)の過去の時代においては、この右翼と左翼の分類が当てはまらない場合も多い。上記の表は、あくまでも、戦後の20世紀広範から21世紀初頭のころの政治の左右の考え方の分類である。


・ 第二次世界大戦前の過去の時代においては、右翼が政府の欧米強調と路線に反対して、右翼が中華民国や東南アジアの革命家などとの連帯を唱えて、ともに欧米と戦おうという「アジア主義」を唱えていた時代すらもある。これは、現代の中国韓国との対応とは状況が違う。
伝統に関しては、明治維新の前後の時代には、富国強兵を唱える政治家たちこそが、江戸時代の伝統を、近代化には邪魔な不合理なものだとして、江戸時代の伝統を廃止しようとしていた時代すらもある。

平成日本の今でこそ、軍事力の強化と伝統の保存は、ともに右翼的であるとされているが、明治時代の日本では違ったのである。

このように、同じ国であっても時代ごとに「右翼」の政策と「左翼」の政策とは違う。そのため、政策にもとづいては、あまり、きれいに「右翼」「左翼」と分けられないことも珍しくない。

※ しかし、学問的には正確ではないだろうが、明治時代〜大正の政治についての世間一般の評論での「右翼」「左翼」は、たいていの場合、征韓論争の結果湧き上がった自由民権運動で有名な板垣退助の政党(※現在の自由民主党の前身)やその流れを組む門派・頭山満などを「中道」とみなし[1]、それに対立したとされる政党(伊藤博文などの政党)を右翼的であると見なす場合が多い。

また、外国も含めると、各国ごとに「右翼」の政策と「左翼」の政策が日本とは違う場合もある。

冷戦中のソビエト連邦では、軍事力の強化こそが、世界の社会主義革命に必要だとされていた。(ソ連は共産党の一党独裁なので、ソ連内でソビエト共産党が左右のどちらなのかは、考えないとする。)一方、冷戦当事の日本では、軍事力をあまり保持しない事こそが平和主義であり左翼思想であるとされ、そのような平和主義は、平等を唱える社会主義との組み合わせが良いとされた。
また、日本の戦後(第二次大戦後)の右翼はアメリカと協調的であるが、しかしアメリカ文化を日本に取り入れることで、そのぶん、日本の旧来の文化や伝統を、日本人が目にする機会も少なくなっただろう。また、第二次大戦中を思い起こせば、アメリカは「鬼畜米英」などと言われ、当事の日本で右翼とされる政治運動から見れば、アメリカが敵だった時代もある。

その他、日本の戦時中の政治体制は治安維持法による言論の抑圧などから、ふつう軍国主義(「右翼」)とされる。しかし、経済政策はソ連の五か年計画の影響を強く受けていた(参考:w:革新官僚)。

その他、近年のヨーロッパの環境政策では、例えば、ドイツの緑の党は、結成時には右翼的な環境保護グループが中心となっていたが、のちに学生運動出身の左派グループが合流して成立した(ただし、後に右翼的なグループは党を離脱する)。

このように、右翼と左翼が必ずしも対立するわけではなく、場合によってはお互いに協力することさえある。特に右翼と左翼とで考え方が対立することが多いのは、軍事力や民族についてである。

軍事力に対する考え方[編集]

右翼[編集]

右翼の場合、21世紀の現代の政治では(日本だけではなく多くの外国でも)、もし(外国からの侵略などに対抗する防衛戦争などで)軍事力が必要とあらば軍事力の行使も躊躇(ちゅうちょ)しない、というような思想を持つことが多い。もしくは、自国に軍事力があることで、自国への侵略戦争を回避できるので、自国の軍事力を肯定的に扱おう、という立場である。

どちらにせよ、「右翼」とは、他の思想よりも、自国の戦争への参加を想定している。

左翼[編集]

左翼は、21世紀の現代の日本の政治や国際政治では、なるべく平和的に話し合うことで解決しよう、という立場である。そして、軍事力を最小限とする(または撤廃する)ことでこちらから攻め込まないことをアピールする一方、軍事力以外の力や手段で交渉を有利に進めようとする。そして、「軍事力に頼らない安全保障政策こそが、戦争を回避するのだ」という立場である。

つまり、右翼と左翼は、安全保障に関しての政策が、反対どうしの立場である。

ただし、以上の説明は、あくまで21世紀の現在の日本での「左翼」の傾向である。

20世紀以前では、左翼の外交方針は、必ずしも戦争回避ではない。フランス革命などを考えれば、革命派である左翼こそが、周辺の王権主義の国家との戦争を躊躇(ちゅうちょ)しなかったような時代もあるだろう。

また、冷戦中は、社会主義が左翼とされたが、しかし外国の、いくつかの国で、社会主義を実現するためには武力的な革命すらも躊躇しない(キューバなどの社会主義国の革命)という考えや運動もあった。

また、その社会主義国のソ連は、同じく社会主義国の中華人民共和国と国境紛争などの戦争をしていた時代もある(1969年の中ソ国境紛争)。


民族観[編集]

右翼[編集]

「右翼」の場合、自国の民族の伝統や歴史を重視し、それらを守っていこうというのが、現代の立場である。そして、個人は民族的な文化と伝統によって育まれ、価値観や人生観も民族の独自のものが作られていることを重視する考え方をもつ。そのため、一人一人の個性よりも、民族や国民が持つ大まかな特徴を重視する。

こうした民族観は民族自決・植民地からの独立運動をうながしていった一方、自民族が他民族に対して優越ゆうえつすると考える極端な思想も作り出した。

左翼[編集]

「左翼」の場合、現代では、ナショナリズムが戦争につながっていったことに対する反省から、自国の民族を中心に考えるよりも互いに尊重しようという立場をとることが、多い。また、民族もまた変化するものであり、個人ごとの差があることを重視するため、「Aという民族はBである」というようなステレオタイプな民族観には自民族のものも含めて否定的である。

「保守」と「革新」[編集]

20世紀後半の日本における保守と革新
革新 理念・政策 保守
社会主義または社会民主主義 政治理念 保守主義・宗教・自由主義(特に欧州)
所得の再分配を重視。
企業の経済活動への制限に積極的。
大きな政府を志向する。
経済政策 自由経済を推進。
企業の経済活動への制限に消極的。
小さな政府を志向する。
労働者・都市生活者・移民 主な支持層 農民(特に日本)・資産家・中間層
労働組合・市民団体 主な支持基盤 医師会などの業界団体・財界・宗教界
社会民主党(日本社会党)(日)
日本共産党(日)
政党 自由民主党(日)

日本では、第二次大戦後、自民党のような政策が、「保守主義」、あるいは「保守」(ほしゅ)な政策と言われた。いっぽう、社会党のような政策が「革新」(かくしん)な政策と言われた。これは、日本においては資本主義や天皇制についての態度が原因の一つとなっている。つまり、資本主義の経済体制と天皇制を維持するという意味で「保守」であり、資本主義と天皇制に批判的で、転換を求めるという意味で「革新」と呼ばれてきた。

そのため、日本では、一般に「右翼」思想は「保守」に含まれ、「左翼」思想は「革新」に含まれる。

また、第二次大戦後、冷戦が始まり、アメリカ寄りの立場が「右翼」「保守」とされ、いっぽうソ連寄りの立場が「左翼」「革新」とされた。

第二次大戦後の20世紀後半の日本では、マスコミなどの表現では、自民党が「保守政党」とされ、社会党や共産党が「革新政党」とされた。

また、県議会や都議会などの地方議会では、知事が社会党や共産党の系列の議員である自治体(都道府県)なら「革新自治体」であると、マスコミなどによって言われた。(いっぽう、知事が自民党系の議員である自治体でも「保守自治体」とは言わないようである。Wikipediaにも、そのような記事はない。)

さて、ソビエト連邦が社会主義を政策に掲げたこともあり、「左翼」「革新」的な政策としては、経済政策による低所得者への保護や、積極的な福祉施策などが「左翼」的な政策である、とされた。(じっさいには、アメリカ陣営の国でも、スウェーデンのように資本主義であるが福祉政策に積極的な国もあり、そんなに「左右」の分類は単純ではない。だが、戦後の日本では、福祉政策が「左翼」「革新」として扱われた。)

例外として、民間の評論家などの中には、少数勢力だが「憲法改正による自衛隊の追認には賛成だが、アメリカ追従の政治体制には反対」とかの例外の勢力もいたが(例えば三島由紀夫(みしま ゆきお)など)、しかし、20世紀後半の歴史では、そのような反米かつ自衛隊賛成の勢力は少数勢力だった。

一方、これら「右翼」「左翼」の用語とは別に、ある1つの政党が2つの派閥に内部分裂したとき、マスコミなどが便宜上、どちらかの派閥を「右派」(うは)と呼んで、もう一方を「左派」(さは)と呼ぶ場合もある。 第二次大戦後、日本の社会党内で政策をめぐって、社会党内で2大勢力に分裂するときが何度かあったが、このような場合に片方の勢力がマスコミなどによって「社会党右派」と呼ばれ、もう片方が「社会党左派」といわれた。 この場合、必ずしも、社会党右派の政策は右翼に対応しない。同様に、社会党左派の政策は、必ずしも左翼に対応しない。

さて、近年では、ほとんどの政党は、明確には右翼・保守、左翼・革新政策を打ち出さず、「中道」(ちゅうどう)を掲げる。

参考[編集]

※ 下記の表現(中道、タカ派、ハト派など)は検定教科書には出てない表現ですので、高校生は覚えなくても良いでしょう。

中道[編集]

保守でも革新でもないことを政治理念とした政策を掲げる場合、中道(ちゅうどう)といわれる。あるいは、右翼でも左翼でもないことを政治理念とした政策のことも、中道といってもいい。

しかし、どちらかといえば右翼寄りな実態の場合、「中道右派」(ちゅうどう うは) という。一方、左翼寄りな実態の場合、「中道左派」(ちゅうどう さは)という。

「中道」は、建前(たてまえ)では、他党の右翼・左翼の極端な政策に対しては、現実に応じた緩やかな政策を示すとされる。または他党の保守・革新に対しては、資本主義体制を維持しつつも、格差の是正にも配慮するというような態度を取るとされる。そのため、保守・革新両方の支持層からも一定程度支持されることも多いとされる。

このように、ある政党が「中道」であれば支持層が広いため、「中道」が選挙に有利な場合もあると考えられているので、ある政党の実態が右翼政党または左翼政党であるにもかかわらず、選挙での支持をねらって形式的に「中道」の理念をかかげる政党が出現する可能性もある。

しかし、「中道」は、建前どおりなら、特定の支持団体による固定票を持たないため、普段は支持政党を持たない人々(無党派層といわれる)の動きに左右されやすいという、選挙に不利な点もある。

タカ派とハト派[編集]

「左翼」には、上述したように、右翼の軍事拡大に反対する他にも、経済や民族観など、さまざまな概念があるせいで、ある政治家や思想信条が「左翼」と言われた時、それは右翼による軍事政策への反対を指して「左翼」と言ってるのか、それとも経済政策の「革新」的(社会主義)な分配主義を「左翼」と言ってるのか、よく分からない。

そこで、軍事における平和主義者、反戦派としての「左翼」として言及したい場合に「ハト派」という表現が使われる場合もある。ハトが平和のシンボルとして使われる事からの類推的な呼び方である。つまり、ハト派とは「平和主義者」「反戦主義者」である。

一方、戦争も躊躇しない勢力を「タカ派」という。

ところが、これらの「タカ」「ハト」の表現が経済政策における右翼/左翼の表現にも転用され(少なくとも日本では、経済政策の表現にも転用されている)、「経済タカ派」「財政タカ派」「経済ハト派」・・・などのように表現される場合もある。

参考: 極右(きょくう)と極左(きょくさ)[編集]

(※ 地理の資料集などで、時事として、ヨーロッパの極右政党の支持者増加などの時事について言及しています。)

右翼思想の中でも、例えば「わが国は、外国人をひとりのこらず、国外に排除すべきだ」とか、あるいは例えば「わが国は、今すぐ周辺諸国を侵略し領土をどんどん拡大していくべきで、大帝国を築くべきだ。また、そのために、国民全体を徴兵して、国家予算のほとんどを軍事費につぎ込め」などのように、特に極端な内容の右翼的な主張をしている勢力および、そのような主張の思想を「極右」(きょくう、far right)と言う。

同様に、左翼思想の中でも、たとえば「暴力による共産主義革命・社会主義革命を起こし、政府を打倒するのだ」のような、極端な左翼の主張をする勢力および思想のことを「極左」(きょくさ、far left)と言う。

2017年の現在、ヨーロッパの政治では、少数政党ですが反・移民の思想を主張する政党がしだいに勢力を伸ばしており、移民の流入などを規制する主張の政党が支持者増・活発化をしています。欧米のマスメディアによる分類では、このような最近のヨーロッパの反移民を主張する政党は「極右」(far right)に分類されている。

※ その他[編集]

国語との関係: 右翼の作家と左翼の作家[編集]

国語の教科書に紹介されるような文学作家にも、「右翼」の考えの人もいるし、いっぽうで「左翼」の考えの人もいる。

三島由紀夫(みしま ゆきお)は、「右翼」(つまり「タカ派」・「保守派」・)の思想をもつ作家であると、文学評論では一般に言われている。

いっぽう、大江健三郎(おおえ けんざぶろう)は、「左翼」(つまり「ハト派」・「革新派」・)の思想をもつ作家であると、文学評論では一般に言われている。

(※ 2名とも、高校国語の現代文Bの教科書で紹介されている。)

国語の教科書にある著者紹介で、三島や大江が作家であると同時に評論家でもある事を紹介されているかもしれないが、その評論の内容の一部は、政治評論である。

テロとの関係[編集]

政治の思想をもつ者たちの中には、思想を実現しようとして、テロなどの過激な行動に走るものも多い。

日本の歴史の事件のなかにも、そのような事件がある。

昭和に活動していた連合赤軍(れんごうせきぐん)は、左翼思想を口実に、テロ事件を起こした。

いっぽう、右翼思想をもつ者の中にも、たびたび事件を起こす者はいる。

右翼・左翼とも、テロ事件や暴力事件などの犯罪事件を起こせば、警察によって取り締まられ、逮捕される事になる。

補註[編集]

  1. ^ 1881年10月4日板垣退助の演説会の前日、「閣下(板垣)を江藤、西郷の徒と同一視」していた旧高田藩士族が板垣を訪ね、その立憲政体論を聞いて「全く尊王愛国の忠実に出ることを知り」感銘を受けた。(『高知新聞』1881年10月22日号より)