高等学校政治経済

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高等学校の科目「政治経済」は、高等学校など(普通科高校の他、中等教育学校の後期課程、盲学校・聾学校・養護学校の高等部などがある)における普通教科の一科目であり、「公民」分野の一科目であり、政治・経済の内容に関する解説をする科目である。

教科書[編集]

政治[編集]

民主政治の基本原理[編集]

国際法と国際社会[編集]

日本国憲法と人権保障[編集]

現在日本の政治機構[編集]

国際政治[編集]

その他[編集]

法の概念[編集]
  • 高等学校商業 経済活動と法/法の分類 (※ 以下の概念が高校「政治経済」の範囲内。「自然法」と「実定法」。「慣習法」。「公法」と「私法」。)(※ 山川出版社などの検定教科書で確認。)


※ 整理中

経済[編集]

経済思想の歴史[編集]

現代経済の仕組み[編集]

日本経済[編集]

国際経済と日本[編集]

現代社会の諸課題[編集]

(※ この単元は、検定教科書の巻末にある付録的な単元。読者はこの単元よりも、政治分野、経済分野の単元の学習を優先すること。)

その他[編集]

関連リンク[編集]

学習方法などは次のページにある。