コンテンツにスキップ

Java/改廃された技術

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

改廃された技術

[編集]

Javaの改廃された技術や古くなった技術は、技術の進化や新しい要求によって置き換えられることがあります。

以下は、それぞれの技術名、サポート開始年、サポート終了年、廃止または衰退の理由、および代替技術に関する情報です。

  1. Java Applet
    • サポート開始年: 1995年
    • サポート終了年: 2020年
    廃止または衰退の理由
    セキュリティ上の問題や新しいウェブテクノロジー(HTML5など)の台頭により、ほとんどのブラウザがJava Appletのサポートを終了しました。
    代替技術
    HTML5やJavaScriptによるウェブアプリケーションの開発が一般的です。
  2. AWT (Abstract Window Toolkit)
    • サポート開始年: 1995年
    • サポート終了年: なし(一部の機能はSwingやJavaFXなどの新しいGUIツールキットによって置き換えられました)
    廃止または衰退の理由
    より強力で柔軟なGUIツールキット(SwingやJavaFX)が開発され、AWTの一部の機能が置き換えられました。
    代替技術
    SwingやJavaFXなどのGUIツールキットが使用されます。
  3. Java Servlet API 2.x
    • サポート開始年: 1999年
    • サポート終了年: 2009年(Servlet 3.0以降がリリースされ、代替技術として推奨されました)
    廃止または衰退の理由
    Servlet 3.0以降のバージョンがリリースされ、新しい機能や改善が導入されました。
    代替技術
    Servlet 3.0以降のバージョンが使用されます。
  4. Java Web Start
    • サポート開始年: 2001年
    • サポート終了年: 2015年以降(Oracleによって段階的にサポート終了されました)
    廃止または衰退の理由
    セキュリティ上の懸念やブラウザベンダーによるサポートの停止により、ほとんど使用されなくなりました。
    代替技術
    ウェブアプリケーションフレームワーク(Spring Boot、Quarkusなど)やウェブブラウザーの技術(JavaScriptなど)が使用されます。
  5. JavaBeans
    • サポート開始年: 1996年
    • サポート終了年: なし
    廃止または衰退の理由
    一部のJava開発でまだ使用されていますが、より現代的なフレームワークやライブラリ(Spring Frameworkなど)によって置き換えられることがあります。
    代替技術
    Spring Frameworkなどのフレームワークが使用されます。
  6. Java EE (Java Platform, Enterprise Edition)
    • サポート開始年: 1998年
    • サポート終了年: 2017年(Oracleによる開発停止)、2019年(Jakarta EEとしてEclipse Foundationにより再出発)
    廃止または衰退の理由
    OracleによるJava EEの開発停止と、Eclipse FoundationによるJakarta EEの設立により、Java EEの開発が終了しました。
    代替技術
    Jakarta EEがJava EEの後継として開発されました。