JavaScript/String/prototype/trim

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

trimメソッドは文字列の先頭と末尾の空白文字を削除して返します。このメソッドはECMA-262第5版で規定され、JavaScript 1.8.1で初めて導入されました。

構文[編集]

var trimmedString = string.trim();

[編集]

var trimmedString = "   Hello, world!   ".trim();
alert(trimmedString); // "Hello, world!"

解説[編集]

trimメソッドは文字列の先頭と末尾の空白文字を削除して返します。空白文字とは正規表現のメタ文字\sにマッチする文字をいいます。これにはタブ ("\t")、改行 ("\n")、スペース ("\x20")、和字間隔 ("\u3000") などが含まれます。trimメソッドはユーザ入力のごみ取りなどに用いられます。

実装[編集]

trimメソッドはJavaScript 1.8.1をサポートしていない処理系には実装されていない場合があります。

if ( !String.prototype.trim ) {
    String.prototype.trim = function(){
        return this.toString().replace(/^\s+|\s+$/g, '');
    };
}

関連項目[編集]

このページ「JavaScript/String/prototype/trim」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。