JavaScript/XMLHttpRequest

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Canvas JavaScript
XMLHttpRequest
イベント処理
Wikipedia
ウィキペディアXMLHttpRequestの記事があります。

XMLHttpRequest (XHR) とは、ウェブサーバと通信を行うためのJavaScriptのオブジェクトです。

Ajax[編集]

CGIなどの仕組みを使ってサーバからデータを取得するにはウェブページを遷移する必要がありますが、XMLHttpRequestを用いるとページの遷移なしに、動的かつ非同期にデータを取得することができます。このような技術はAjax (asynchronous JavaScript and XML) と呼ばれます。Ajaxを駆使するとJavaScriptを用いてGoogle マップのようなインタラクティブなウェブアプリケーションを構築することができます。

XMLHttpRequestはその名に反してXMLドキュメントでないデータもやり取りすることができます。また、HTTP以外にFTP通信も行うことができます[1](ローカルホストではローカルファイルも取得可能)。ただし、XMLHttpRequestを用いて通信できるのは同じドメインのサーバに限られるため、外部のサーバと通信をすることはできません。これを同一生成元ポリシー(どういつせいせいもとポリシー、same origin policy)といいます。

XMLHttpRequest[編集]

const req = new XMLHttpRequest();
req.addEventListener("progress", (ev) => {
  if (ev.lengthComputable) {
    const percent = ev.loaded / ev.total * 100;
    // 進捗表示
    console.log("${percent}%転送しました。")
  }
  else {
    // 長さ不明
    console.log("転送中。")
  }
});
req.addEventListener("loadstart", (ev) => console.log("転送を開始しました。"));
req.addEventListener("load", (ev) => console.log("転送しました。"));
req.addEventListener("loadend", (ev) => console.log("転送が終了しました。"));
req.addEventListener("error", (ev) => console.log("ファイルの転送中にエラーが発生しました。"));
req.addEventListener("abort", (ev) => console.log("ユーザーが転送をキャンセルしました。"));
req.addEventListener("timeout", (ev) => console.log("転送がタイムアウトしました。"));
req.addEventListener("readystatechange", (ev) => {
    switch (req.readyState) {
    case XMLHttpRequest.UNSET:
        console.log("UNSET");
        break;
    case XMLHttpRequest.OPENED:
        console.log("OPENED");
        break;
    case XMLHttpRequest.HEADERS_RECEIVED:
        console.log("HEADERS_RECEIVED");
        break;
    case XMLHttpRequest.LOADIND:
        console.log("LOADIND");
        break;
    case XMLHttpRequest.DONE:
        const status = req.status;
        if (status === 0 || (status >= 200 && status < 400)) {
            console.log(req.responseText);
        }
        else {
            console.log(req.responseXML);
            console.log(req.responseText);
        }
        break;
    default :
        console.log(`${req.readyState} は仕様にないXMLHttpRequest.readyState`);
    }
});
req.open('GET', './example.xml', false);
req.send(null);

※ イベントリスナーは open() を呼び出す前に追加する必要があります(もし、そうしないのであれば progress イベントは発火しません)。

資料[編集]

XMLHttpRequestの静的プロパティ[編集]

XMLHttpRequest.UNSENT
0 : number
XMLHttpRequest.OPENED
1 : number
XMLHttpRequest.HEADERS_RECEIVED
2 : number
XMLHttpRequest.LOADING
3 : number
XMLHttpRequest.DONE
4 : number
XMLHttpRequest.arguments
null : object
XMLHttpRequest.caller
null : object
XMLHttpRequest.length
0 : number
XMLHttpRequest.name
"XMLHttpRequest" : string

XMLHttpRequestのインスタンスプロパティ ​[編集]

XMLHttpRequest.prototype.DONE
XMLHttpRequest.prototype.HEADERS_RECEIVED
XMLHttpRequest.prototype.LOADING
XMLHttpRequest.prototype.OPENED
XMLHttpRequest.prototype.UNSENT
XMLHttpRequest.prototype.abort
XMLHttpRequest.prototype.constructor()
XMLHttpRequest.prototype.getAllResponseHeaders
XMLHttpRequest.prototype.getResponseHeader
XMLHttpRequest.prototype.onreadystatechange
XMLHttpRequest.prototype.open
XMLHttpRequest.prototype.overrideMimeType
XMLHttpRequest.prototype.readyState
XMLHttpRequest.prototype.response
XMLHttpRequest.prototype.responseText
XMLHttpRequest.prototype.responseType
XMLHttpRequest.prototype.responseURL
XMLHttpRequest.prototype.responseXML
XMLHttpRequest.prototype.send
XMLHttpRequest.prototype.setRequestHeader
XMLHttpRequest.prototype.status
XMLHttpRequest.prototype.statusText
XMLHttpRequest.prototype.timeout
XMLHttpRequest.prototype.upload
XMLHttpRequest.prototype.withCredentials

脚注[編集]

  1. ^ 2021年6月の時点でディフォルトでFTPスキームを(かつてのgopherのように)無効にするブラウザが増えつつある。https://blog.chromium.org/2020/09/chrome-86-improved-focus-highlighting.html

外部リンク[編集]

このページ「JavaScript/XMLHttpRequest」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。