コンテンツにスキップ

Lua

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Wikipedia
Wikipedia
ウィキペディアLuaの記事があります。


Luaは、軽量で高レベルなマルチパラダイムなプログラミング言語です。他のプログラミング言語とのインタフェースも容易で、シンプルなAPIを備えています。 Luaはかつては家庭用プログラミング言語として開発されましたが、現在ではLuaは、組込みシステムやゲーム開発などで幅広く使用され、ビデオゲームや製品にも多く採用されています。 Roberto Ierusalimschyによる『Programming in Lua fourth edition』が最も有名なLuaの本です[1]

目次[編集]

本書は、以下の章と付録で構成されています。

はじめに
この章では、Lua言語について紹介し、その目的と歴史について簡単に説明します。また、いくつかのプログラミングの概念についても紹介します。
この章では、式、演算子、型について包括的に学びます。
この章では、Luaで利用可能な文について説明します。
関数
この章では、関数の目的と使い方、関数定義の文法について説明します。
テーブル
この章では、テーブルのコンストラクター、メタテーブル、イテレーター、ソートについて説明します。
標準ライブラリー
この章では、標準ライブラリーが提供する機能について説明します。
付録:ソフトウェアのテスト
この付録では、Luaで書かれたプログラムのテストに関する情報を提供します。
用語集
この用語集は、本書で使用されているすべての重要な用語の正確な定義を収録しています(英語)。
索引
本書で扱うすべてのトピックと機能のリストと、それらのトピックと機能が説明されている書籍の場所へのリファレンスを含むインデックスです(英語)。

脚註[編集]

  1. ^ Roberto Ierusalimschy. Lua.Org,『Programming in Lua, fourth edition』, (2016/08/01).

外部リンク[編集]