MML/音符と休符

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
< MML
ナビゲーションに移動 検索に移動

MMLでは、アルファベットと数字で音楽を作ります。

音符・休符[編集]

音符[編集]

音符にはcdefgabを使います。
cはド、dはレ、eはミ、fはファ、gはソ、aはラ、bはシを表します。
1オクターブ上のドについてはまた後で説明します。
また、半音下げ上げはcdefgabの後に# + -ですることができます。
#+は一般的に同じ役割となっていますが、+#とで違う役割になっている事もあります。

休符[編集]

休符はrを使います。

[編集]

ここでは使用例を載せます。

\relative c' {c d e d r eis f g}

cdedre+fg

このページ「MML/音符と休符」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。