Microsoft Excel

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Microsoft Excelは、Microsoftの販売する表計算ソフトです。

  • 縦横に区切られたマス目(セル)のそれぞれの中に数字や文字を入力することにより、様々なデータを表にまとめることができます。
  • セルに式を入力することにより、他のセルの数値(や文字の内容)に応じた計算結果をセルに表示させることができます。
  • 計算には四則計算やその組み合わせの他、用意されたさまざまな関数を使うことができます。
  • 表に罫線を入れたり、図を加えたりすることで、表を見やすくすることができます。
  • セルの値に従ってグラフを作成することができます。
  • Visual Basic for Applicationsを使って操作を自動化したり、新しい関数を作ることができます。

目次[編集]