OsiriX オンライン解説文書/OsiriX入門 もっと早く動作させる

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

< ^ >


OsiriX の高速化には、2 つの限界があります。すなわち、メモリとプロセッサパワーです。

1) メモリ:
OsiriX は、膨大な画像シリーズを開くため大量のメモリを必要とします!。OsiriX に十分なメモリが割り当てられないと、MacOS X は “仮想メモリ” モードを使用して、メモリ容量を確保しようとします。: これはハードディスクをRAM として利用する機能であり、本来のRAM (ここで言うメモリ) に比べて1000 倍低速です。利用者にとって必要なメモリ容量は、どうやって計算すればよいのでしょうか。: 以下に示す、同時に表示・操作する画像枚数から計算する方法が簡単です。:
必要なメモリ容量 = 高さ (画素数) × 幅 (画素数) × 一度に表示したい画像枚数 × 4 / 1048576
例えば: 512 × 512 × 100 × 4 / 1048576 = 100 枚のCT 画像で100 MB
つまり、CT 画像100 枚あたりで最低100 MB が必要ということです。MacOS X は “正常な動作” に最低256 MB を必要とします。仮想メモリ機能を避けるには、最低でも256 + 100 MB = 356 MB が必要ということになります。
2) プロセッサパワー:
OsiriX は、MIP やボリュームレンダンリグのような3D 再構成において、高いプロセッサ処理能力を必要とします。OsiriX は、コンピュータ搭載の全プロセッサを利用可能な、マルチスレッド処理に対応したソフトウエアです。最高のパフォーマンスを得たいのであれば、Power Mac G5 Quad や Mac Pro を購入する必要があります!。
その他の解決策として、X-Grid の利用が挙げられます Apple X-Grid /MPI technology 。このパッケージをインストールして、利用可能にするには、 “OsiriX plugin” をインストールする必要があります。: “ライブラリ (あるいはLibrary)” フォルダにある “Xgrid" フォルダ内の “Plug-ins” フォルダへ、“OsiriX plugin” をコピーします。グリッドコンピューティングに関する更なる技術情報は、今後のリリースに期待してください。
その他の解決策として、 TeraRecon (テラリコン社) VolumePRO PCI グラフィックボードの利用があります。OsiriX における全ての3D 再構成は、VTK に基づいており、VTK はVolumePRO グラフィックボードを完全サポートしています...。

OsiriX
< ^ >