OsiriX オンライン解説文書

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索
OsiriXロゴ


OsiriX は、Antoine Rosset, M.D. により開発され、アップル社製マッキントッシュコンピュータを、医用画像表示や画像処理用DICOM PACS ワークステーションとして使用可能にする、オープンソースプログラムです。

OsiriX は、GNU 一般公衆利用許諾契約書 (GPL) に基づいて配付されており、ソースコードはだれでも利用できます。


序説[編集]

  1. OsiriX について
  2. OsiriX の仕様
  3. OsiriX のシステム条件
  4. OsiriX のダウンロードとインストール

OsiriX 入門[編集]

  1. DICOM画像を読み込む
  2. 外観をカスタマイズする
  3. 複数シリーズを同時に開く
  4. 複数シリーズを同時に閲覧する
  5. ローカルデータベースを管理する
  6. フュージョン画像を作成する
  7. 非DICOM画像やムービーを開く
  8. DICOM画像に書き出す
  9. 4Dビューアを使用する
  10. 多断面再構成像を作成する
  11. 3D再構成像を作成する
  12. PACSワークステーションとして使用する
  13. 2Dシック・スラブを使用する
  14. ショートカットを使用する
  15. もっと早く動作させる
  16. プラグインを使用する
  17. 開発者にクラッシュレポートを送信する
  18. Mac非対応のCDをOsiriXで使用する
  19. シリーズ内画像から3D再構成像作成に必要な領域を抜き出す
  20. 曲面任意多断面再構成像を作成する
  21. シック・スラブのモード設定値を増やす
  22. DSA画像を作成する

OsiriX メニュー項目リファレンス[編集]

  1. OsiriX
  2. ファイル
  3. 編集
  4. フォーマット
  5. 2Dビューア
  6. 3Dビューア
  7. 関心領域
  8. プラグイン
  9. ウインドウ
  10. ヘルプ

OsiriX ディベロッパー情報[編集]

  1. OsiriXディベロッパーの概要
  2. 開発者及び匿名ユーザのSVNによるアクセス
  3. OsiriXをビルドする
  4. getosirixCVS.plを利用する

外部リンク[編集]