OsiriX オンライン解説文書/OsiriX入門 ローカルデータベースを管理する

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

< ^ >


ローカルデータベースに関しては、次の2点を理解しておく必要があります。:

  1. DICOM Listenerから受信した画像データは、 "書類" (あるいは "Documents") フォルダにある "OsiriX Data" フォルダ内の "DATABASE" フォルダに格納されます。OsiriX は、これらのファイルを利用しています。つまり、 "Local Database" ウインドウからデータを削除すると、 "DATABASE" フォルダ内の該当ファイルは削除されることになります。
  2. "Import" ボタンやメニュー項目を利用して取り込んだ画像データは、これらファイルへのリンクを作成するか、または "DATABASE" フォルダにそれらをコピーします。つまり、 "Local Database" ウインドウからデータを削除すると、リンク設定が解除されるか、または "DATABASE" フォルダ内の該当ファイルが削除されることになります。

OsiriX は、 "DATA.DAT" ファイル内にすべての画像情報を入れています。このファイルは "OsiriX Data" フォルダ内にあります。

"DATA.DAT" ファイルはDICOM ファイルへのリンク情報からなっており、このファイルを削除しても画像データ本体は削除されません。

データベースはいつでも再構築できます。ファイル メニューから データベースを再構築... を選択すれば、 "DATA.DAT" ファイルを削除して、新たに "DATA.DAT" ファイルが作成されます。これによって、 "Local Database" ウインドウに表示されたファイルすべてを再スキャンし、 "DATABASE" フォルダ内にある使用可能なファイル (PACSネットワークから受信) によって表示が更新されます。

"Preferences" ウインドウでデータベース設定を管理できます。

OsiriX ローカルデータベース管理1
The Preferences window.


OsiriX ローカルデータベース管理2
The “OsiriX Data” フォルダ:
  • “DATABASE” フォルダには、 'local' のDICOM ファイルが入っています。
  • “INCOMING” フォルダには、受信ファイルが一時的に入っています。
  • “TEMP” フォルダには、変換時に一時的にファイルが入ります。このフォルダ内容は、OsiriX を終了すると削除されます。
  • “ROIs” フォルダは、DICOM 画像のROIs を保存しています。

OsiriX
< ^ >