PHP/入門/変数と値

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
< PHP
ナビゲーションに移動 検索に移動

変数とは[編集]

変数とは、数を記録しておくためのものである。

変数は、プログラミングにおいて、欠かせないものである。

変数の基本[編集]

変数には、次の特徴がある。


  • 1つの値をもつ。(例外あり)
  • 最後に代入したものが入る。


これらの規則は、大抵ほかのプログラミング言語でも同じである。

PHPの変数を扱う決まり[編集]

変数を示すとき、 $ を初めに書きましょう。 また、変数の名前は、最初の文字が _ もしくはアルファベットである必要があります。

つまり、

$kk3k $_kkk54

はOKですが、

$89aa $7_loop

などは使えないと言う事であります。

PHPでは、変数名の大文字、小文字を区別するため、 name NAME Name namE nAME はすべて違う変数となります。

変数を使う[編集]

変数を使うプログラムをかいてみる。

<?php
$a = 99;

print $a;
?>

これを実行すると


99


と表示される。

$a に99を代入し、それを表示するプログラムである。 変数は、文字列を入れることもできる。 例:

<?php
$a = "こんにちは";

print "挨拶 : {$a}";
?>

これを実行すると、


挨拶 : こんにちは


と表示されるはずだ。

※$aを{}で囲んでいるのは、近くにマルチバイトがあると、うまく展開できないことがあるため。

(PHP で、文字列を連結するとき、. を使う。 $a = "PHP" . "のサンプルです。";)

サンプル:

<?php
$a = 7;
print $a . "<br>";
$a = 65;
print $a . "<br>";
?>

これを実行すると、

7

65

と表示される。

演算子[編集]

PHPでは(普通、プログラミング言語では)、計算式を用いることができる。

例:

<?php
$num1 = 70;
$num2 = 12;
$sum = 0;

$sum = $num1 + $num2;
print $sum."<br>";
$sum = $num1 - $num2;
print $sum."<br>";
$sum = $num1 * $num2;
print $sum."<br>";
$sum = $num1 / $num2;
print $sum."<br>";
$sum = $num1 % $num2;
print $sum."<br>";
?>

これを実行すると、

82

58

840

5

10

と表示される。

+ は、足し算、

- は、引き算、

は、かけ算、

/ は、割り算、

% は、割り算のあまりである。


※70/12 = 5 <- 切り捨て


この、 + - * / % は、演算子と呼ばれる。

<?php

$a = 5;
$b = 5;

$a++;
$b++;

printf $a."<br>.$b;
?>

このように、 ++, -- 、は、プラス1, マイナス1を実行する。

これらを、インクリメント、デクリメント、と呼ぶ。