PHP

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メインページ > 工学 > 情報技術 > プログラミング > PHP

PHPは、汎用スクリプト言語ですが、CGI/FastCGIあるいはウェブサーバー組込みモジュールを介してウェブサービスで利用されることか多く、本書でもウェブでの利用を念頭に解説します。

PHPのコードは通常、モジュール、デーモン、あるいはCommon Gateway Interface (CGI) 実行ファイルとして実装されたPHPインタプリターによってウェブサーバー上で処理されます。 ウェブサーバー上では、PHPコードが解釈され実行された結果、生成されたHTMLやバイナリ画像データなど、あらゆる種類のデータがHTTPレスポンスの全体または一部を形成することになります。 様々なウェブテンプレートシステム、ウェブコンテンツ管理システム、およびウェブフレームワークが存在し、これらのシステムを使ってレスポンスの生成を統制し、円滑化することができます。 さらに、PHPはウェブ以外のプログラミングにも応用することができ、スタンドアローンのグラフィカルなアプリケーションやロボットやドローン制御などの組込みシステムでも使用可能です。

PHPは2022年12月現在、唯一サポートされているバージョン PHP 8 が提供されています[1][2][3]

目次[編集]

  1. 開発環境
  2. コマンドライン
  3. テキスト表示とコメント
  4. 変数と値
  5. データー型
  6. 配列
  7. 条件分岐
  8. 反復  — while, for, foreach
  9. 関数
  10. HTMLフォーム
  11. ファイル入出力
  12. データベースとの連携
  13. PHPのオブジェクト指向

脚註[編集]

  1. ^ PHP7.4系列は、2022/11/28にEnd of lifeを迎えました。
  2. ^ Unsupported Branches
  3. ^ Supported Versions(2022-12-02)