Wikijunior:環境の問題とヒトの進化/四大公害病

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア四大公害病の記事があります。


ここ (Wikijunior:環境の問題とヒトの進化/四大公害病) では、高度経済成長期(こうどけいざいせいちょうき)と呼ばれる、1960年代に経済が急速(きゅうそく)に発展した時代のまっただ中に起こった工業による主な病気を紹介(しょうかい)します。これらの四大公害病(よんだいこうがいびょう)は、経済の成長とかかわりが強いです。

四大公害病の種類[編集]

四大公害病は読んで字のごとく、ある「4つの病気」をまとめていったものです。さっそく見ていきましょう。病気の詳しい内容については、あとの項目(こうもく)をみてください。

  1. 水俣病(みなまたびょう)
  2. 新潟(にいがた)水俣病(みなまたびょう)(第二(だいに)水俣病(みなまたびょう)とも呼ばれることがある)
  3. 四日市(よっかいち)喘息(ぜんそく)
  4. イタイイタイ病

以上の4つです。

四大公害病のくわしい紹介[編集]

ここでは、四大公害病についてくわしく紹介していきます。

水俣病[編集]

Wikipedia
ウィキペディア水俣病の記事があります。

この節は書きかけです。この節を編集してくれる方を心からお待ちしています。


水俣病は、熊本(くまもと)県の水俣(みなまた)市というところで起こりました。発生した時期は、ちょうど高度経済成長期です。チッソ水俣工場という工場が、海に、有毒な有機水銀(ゆうきすいぎん)を大量に捨ててしまいました。そのため、有機水銀が魚の体の中に入ってしまい、その魚をたべた人の体にも有機水銀が体の中に入ってしまいます。有機水銀は、(のう)などの神経(しんけい)(おか)し、最悪の場合死んでしまいます。水俣病は、人から人へとは通常、感染しません。しかし、当時、人々に水俣病についての知識がなかったため、かかったひとは他の人から不当に隔離(かくり)されていました。今でも、水俣病をめぐって、国に損害賠償(そんがいばいしょう)を求める裁判が行われています。[1]

新潟(にいがた)水俣病 (第二水俣病)[編集]

この節は書きかけです。この節を編集してくれる方を心からお待ちしています。

この公害病は、上で紹介した内容と原因物質や感染(かんせん)方法がにていますので、症状(しょうじょう)に関しては省略(しょうりゃく)します。新潟水俣病は阿賀野(あがの)川という川の流域(りゅういき)で起こりました。有機水銀を川へと大量に出したのは、昭和(しょうわ)電工鹿瀬(かせ)工場という工場です。この病気の発生は他のどの四大公害病よりも(おそ)く、病気発生から病気を国が(みと)めるまでの期間が一番短かったです。 [2]

四日市喘息[編集]

Wikipedia
ウィキペディア四日市ぜんそくの記事があります。

この節は書きかけです。この節を編集してくれる方を心からお待ちしています。

四日市のコンビナートの夜景。現在は夜景がきれいなことで知られている。

四日市喘息(ぜんそく)は、三重県の四日市(よっかいち)市というところで起こりました。この病気は、石油化学コンビナート (工場のたくさんあるところ) の工場から出る排気(はいき)ガス ((けむり)) に入っている、亜硫酸ガスを吸うと喘息のような症状(しょうじょう)が出るという病気です。工場の近隣(きんりん)住民はこの喘息にとても苦しみました。[3]

イタイイタイ病[編集]

Wikipedia
ウィキペディアイタイイタイ病の記事があります。

これは、唯一(ゆいいつ)高度経済成長期から大きく前の時期に発生した病です。富山(とやま)県の神通(じんずう)の沿岸で、妊娠したことのある女性を中心に感染しました。症状としては、骨がぼろぼろになって、少し動いたり、くしゃみをしたりするだけで骨が折れたりしてしまう などがあります。患者(かんじゃ)が「イタイ、イタイ」と もがき苦しむことからこの名がつけられました。「原因物質は、神岡鉱山から神通川に流れた、「カドミウム」でした。この病気が国に認められたのは高度経済成長期の後でした。[4]

経済が発展した影で[編集]

高度経済成長期で、経済が発展した一方、上記のような、こわい病気が起きてしまいました。それは、会社が人の命や健康をかんがえずに、お金だけを求めてしまった結果です。これらの公害が起こった後、対策(たいさく)基本法(のちの環境(かんきょう)基本法が制定されました。

もう、このような公害に苦しむ人を増やすことは、二度としてはいけません。これらのこと知ってほしいことは、会社の利益(りえき) (得) だけを追い求めるのではなく、自然環境を改善して、人の命を守ろうとしようとすることも先に考えることが大切ではないでしょうか。これらの病気で()くなった人やその家族たちは、大変つらかったことでしょう。もうこんなことが起こってはなりませんね。

隣接(りんせつ)ページ ジャンプ[編集]


役に立つリンク集[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ [4]