民法第750条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

条文[編集]

夫婦

第750条
夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻のを称する。

解説[編集]

民法上の氏の変更に関する規定の一つである。

夫婦同氏の原則を定めており、いわゆる選択的夫婦別氏制度は現行の民法では認められていないが、特定の社会的活動の場において通称として旧姓を利用することまで禁止する趣旨ではない。

旧民法では、結婚は妻が夫の家に入ること、という伝統的な考え方を反映して、妻が夫の氏を称する、と定められていたが、両性の本質的な平等(日本国憲法第24条)の成立後に改正され、上記のように改められている。

婚姻届には、夫婦の称する氏を記載しなければならない(戸籍法参照)。

なお、この条文には、結婚を期に新たに第三の氏を称することを禁止する意味もある。

関連条文[編集]

判例[編集]

参考文献[編集]

  • 『民法(5)親族・相続(第3版)』有斐閣新書(1989年、有斐閣)45頁-66頁(山脇貞司執筆部分)
  • 泉久雄『親族法』33頁、65頁、89-100頁(1997年、有斐閣)

前条:
民法第749条
(胎児又は死亡した子の認知)
民法
第4編 親族
第2章 婚姻
第1節 婚姻の効力
次条:
民法第751条
(生存配偶者の復氏等)
このページ「民法第750条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。