アブハズ語/動詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

動詞の文法を読む上で必要な前提知識を先に掲載します。

人称接頭辞[編集]

絶対格[編集]

自動詞で動作主、他動詞で目的格を取る。

絶対格接頭辞
単数 複数
一人称 с(ы)- ҳ(а)-
二人称(男) у- шә(ы)-
二人称(女) б(ы)- шә(ы)-
三人称(人間) д(ы)- р(ы)-
三人称(非人間) (и)- р(ы)-

能格[編集]

他動詞で動作主を取る。

能格接頭辞
単数 複数
一人称 с(ы)-, з- ҳ(а)-, аҳ-, аа-
二人称(男) у- шә(ы)-, жә-
二人称(女) б(ы)- шә(ы)-, жә-
三人称(人間) д(ы)- р(ы)-, д(ы)-
三人称(非人間) (и)- р(ы)-, д(ы)-

з-, аа-, жә- は直後の音が有声音でかつ能格がアクセントでないと変化する。アブハズ語/音韻/異音化 を参照。

斜格[編集]

殆どの場合動作の対象を示す。

斜格接頭辞
単数 複数
一人称 с(ы)- ҳ(а)-, аҳ-
二人称(男) у- шә(ы)-
二人称(女) б(ы)- шә(ы)-
三人称(男) и- р(ы)-, д(ы)-
三人称(女) л(ы)- р(ы)-, д(ы)-
三人称(非人間) (а)- р(ы)-, д(ы)-

時制[編集]

10種類存在する。本項ではうち5種類を扱う。

時制
肯定 否定
現在終止 -уа-ит -уа-м
現在非終止 -уа м-(動詞語幹)-уа
アオリスト終止 -ит м-(動詞語幹)-ит
アオリスト非終止 (音素なし) м-(動詞語幹)
完了終止 -хье-ит мы-(動詞語幹)-ц(-т)
完了非終止 -хьо-у мы-(動詞語幹)-хьо-у
未来Ⅰ終止 -п -ра
未来Ⅰ非終止 -рым м-(動詞語幹)-ра
未来Ⅱ終止 -шт -ша
未来Ⅱ非終止 -шам м-(動詞語幹)-ша

未来Ⅰは、「もし●●なら、▲▲だろうに。」というような条件文の未来推量にしか出現しません。
未来Ⅱはいわゆる普通の未来形です。条件文の時は確実に現実になるであろう未来の時に使われます。

動作動詞[編集]

アブハズ語には2種類の動詞が存在し、状態動詞に対して一般的な動詞を動作動詞と呼びます。
アブハズ語では自動詞他動詞で活用が異なります。ここでは最もシンプルな形を2種類ずつ紹介します。

自動詞の活用[編集]

[絶対格]-[語幹]-[時制][編集]

[絶対格]は[語幹]する。

  • [絶対格]-ца-[時制] [絶対格]は行く。 (а-ца-ра 行く)
    • Иара дцеит. 彼は行った。
      • Иара(彼) д-ца-ит(アオリスト)

[絶対格]-[斜格]-[語幹]-[時制][編集]

[絶対格]は[斜格]を[語幹]する。

  • [絶対格]-[斜格]-с-[時制]  [絶対格]は[斜格]を叩く。
    • Иара лара дылсуеит. 彼は彼女を叩く。 (а-с-ра 叩く)
      • Иара(彼) лара(彼女) ды(絶対格)-л(斜格)-с-уа-ит(現在形)

他動詞の活用[編集]

[絶対格]-[能格]-[語幹]-[時制][編集]

[能格]は[絶対格]を[語幹]する。

  • [絶対格]-[能格]-ба-[時制]  [能格]は[絶対格]を見る。 (а-ба-ра 見る)
    • Сара Инал ды-з-бе-ит. イナル(人名)を私は見た。
      • Сара(私) Инал(人名) ды(絶対格)-з(能格)-ба-ит(アオリスト) бは有声音のため、能格с-がз-になっている。

[絶対格]-[斜格]-[能格]-[語幹]-[時制][編集]

[能格]は[絶対格]を[斜格]へ[語幹]する。

  • [絶対格]-[斜格]-[能格]-ҭа-[時制] [能格]は[絶対格]を[斜格]へあげる。(а-ҭа-ра あげる)
    • Илысҭеит. それを彼女へ私はあげた。
      • и(絶対格)-лы(斜格)-с(能格)-ҭа-ит(アオリスト)
  • [絶対格]-[斜格]-з-ҭа-[能格]-гала-[時制] [能格]は[絶対格]を[斜格]へもってくる。(а-з-ҭа-гала-ра もってくる)
    • Исызҭаугалеит.あなたはそれを私へ持ってきた。
      • и(絶対格)-сы(斜格)-з-ҭа-у(能格)-гала-ит(アオリスト)
    • Иузҭасымгалашт. 私はそれをあなたへ持ってこないつもりです。
      • и(絶対格)-у(斜格)-з-ҭа-сы(能格)-гала-шт(未来Ⅱ)

※-з-ҭа-は動詞前辞、 preverbです。