アブハズ語

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

語学 > アブハズ語

アブハジア旗

アブハズ語 ― Аҧсуа бызшәа

アブハズ語はロシアの南、ジョージアの北西部のアブハジアという地域に住むアブハズ人によって話されている言語です。
この言語の最大の特徴は音で、母音の区別は2種類だけに対して子音は14個の日本語と比べて約4倍の58個区別します。そのため、なるべく入門者向けの内容になってはいますがカタカナでの転写は行っていません。
また、文法面では膠着語能格言語であるという特徴があるため、わからない言葉でてきたときに元の形が推測できないと辞書をひけないという難しさがあります。
日本語と類似点が少ないため文法の難易度は高い上に子音の数も多いためヒアリングの難易度も高い言語ですが、習得意欲を維持する事が大事です。

目次[編集]

Wikipedia
ウィキペディアアブハズ語の記事があります。
進捗状況の凡例

00%.svg 数行の文章か目次があります。
25%.svg:本文が少しあります。
50%.svg:本文が半分ほどあります。
75%.svg: 間もなく完成します。
100 percent.svg: 一応完成しています。
このページ「アブハズ語」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。