ガリア戦記/用例集/第二変化名詞/consilium

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

cōnsilium, cōnsiliī [編集]

中性名詞(-um型) cōnsilium, cōnsiliī  「考え、作戦」または「会議」は、『ガリア戦記』に頻出する単語である。

cōnsilium, -iī
(中性名詞)
単 数 複 数
主格 cōnsilium cōnsilia
属格 cōnsiliī cōnsiliōrum
対格 cōnsilium cōnsilia
与格 cōnsiliō cōnsiliīs
奪格 cōnsiliō cōnsiliīs


cōnsiliō[編集]

単数・与格[編集]

単数・奪格[編集]

1巻3節4項[編集]

  • Persuādent Rauracīs et Tulingīs et Latobicīs fīnitimīs utī eōdem ūsī cōnsiliō, oppidīs suīs vīcīsque exūstīs, ūnā cum iis proficīscantur, Bōiōsque, quī trāns Rhēnum incoluerant et in agrum Nōricum trānsierant Nōrēiamque oppugnābant, receptōs ad sē sociōs sibi adscīscunt.

1巻3節4項) -->


脚注[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連記事[編集]