ガリア戦記/用例集/第四変化名詞/senatus

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

senātus, senātūs[編集]

ローマの元老院の議場でカティリーナ弾劾の演説をするキケロー(画家チェーザレ・マッカーリ Cesare Maccariによる1888年の歴史画)

senātus, senātūs は、第四変化、属格-ūs型の男性名詞。

カエサルの著作において、ローマにあっては「元老院」を指すが、ローマ以外の部族社会における類似のものをも指す。


senātus, -ūs (男性名詞)
単 数 複 数
主格 senātus senātūs
属格 senātūs senātuum
対格 senātum senātūs
与格 senāt senātibus
奪格 senātū senātibus

senātū[編集]

1巻3節4項[編集]

  • In eō itinere persuādet Casticō, Catamantaloedis fīliō, Sēquanō, cuius pater rēgnum in Sēquanīs multōs annōs obtinuerat et ab senātū populī Rōmānī amīcus appellātus erat, ut rēgnum in cīvitāte suā occupāret, quod pater ante habuerat ;

1巻3節4項

脚注[編集]


関連項目[編集]

関連記事[編集]