古典ラテン語/名詞の変化/第四変化

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名詞の第四変化[編集]

第四変化 (羅 Quarta Declinatio ; 英 Fourth declension ; 仏 Quatrième déclinaison ) は、名詞の数が多くはなく、第一変化~第三変化に比べると重要な変化ではないが、不規則な例外も少ない。 おもに、男性・女性名詞の 「 -us 型 」と、中性名詞の 「 -ū 型 」 からなる。


第四変化
-us 型 -ū 型
(名詞の性) 男・女 中性
(単語例) 語尾 manus, -ūs 「手」 語尾 cornū, -ū 「角(つの)」 語尾比較
単数 主格 -us manus 一つの手 -ū cornū 一つの角 主格 -us -ū
属格 -ūs manūs 一つの手 -ūs cornūs 一つの角 属格 -ūs
対格 -um manum 一つの手 -ū cornū 一つの角 対格 -um -ū
与格 - man 一つの手 -ū cornū 一つの角 与格 - -ū
奪格 -ū manū 一つの手 -ū cornū 一つの角 奪格 -ū
複数 主格 -ūs manūs 複数の手 -ua cornua 複数の角 主格 -ūs -ua
属格 -uum manuum 複数の手 -uum cornuum 複数の角 属格 -uum
対格 -ūs manūs 複数の手 -ua cornua 複数の角 対格 -ūs -ua
与格 -ibus manibus 複数の手 -ibus cornibus 複数の角 与格 -ibus
奪格 -ibus manibus 複数の手 -ibus cornibus 複数の角 奪格 -ibus




(編集中)




[編集]

脚注[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連記事[編集]

英語版[編集]

仏語版[編集]

ラテン語版[編集]

外部リンク[編集]