コンメンタール不動産特定共同事業法施行令

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

削除依頼中

当ページ「コンメンタール不動産特定共同事業法施行令」の削除依頼が提出されています。今後当ページに加えられた編集は無駄となる可能性がありますのでご注意頂くとともに、削除の方針に基いて削除の可否に関する議論への参加をお願いします。なお、依頼の理由等については削除依頼該当する節トークページなどをご覧ください。

コンメンタール不動産特定共同事業法施行令

不動産特定共同事業法施行令(最終改正:平成二〇年一二月三日政令第三六四号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア不動産特定共同事業法施行令の記事があります。
第1条(不動産特定共同事業契約から除かれる契約)
第2条(許可に係る事務所)
第3条(使用人)
第4条(許可に係る資本金又は出資の額)
第5条(不動産特定共同事業契約約款の内容の基準)
第6条(広告の規制等に係る許可等の処分)
第7条(外国法人等に対する法の規定の適用に当たっての技術的読替え)
第8条(信託業務を兼営する金融機関等に関する特例)
第9条
第10条(権限の委任)
第11条(主務省令)
このページ「コンメンタール不動産特定共同事業法施行令」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。