Wikibooks:削除依頼

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索
Purple question mark.svg この文書はウィキブックス日本語版の公式な方針あるいはガイドライン草案です。この文書には拘束力はありません。内容に関する議論はトークページで受け付けています。

このページに書き込まれた内容はカット&ペーストなどにより、GFDL に厳密に即さない扱いをされる場合があります。

ページの削除には管理者の機能を使用します。削除を依頼する際にはWikibooks:削除の方針を確認してください。一部の依頼ではWikibooks:即時削除Wikibooks:削除されたページの復帰等が関係するかもしれません。削除されたページの復帰依頼も、こちらで受け付けます。

手順[編集]

審議[編集]

削除が必要と思われるページがある場合、利用者の間で審議する機会を設けるために当該ページへのリンクをリストします。リストされた削除対象のページの冒頭には、ここで審議が行われていることを案内する定型文を挿入してください。定型文は {{sakujo}} によって挿入することができます。

リストされた案件の処理について合意を形成してください。可読性を確保するため、依頼やコメントは以下に定める書式に従ってください。

書式[編集]

基本的には以下の形式でリストしてください。ただし必要により多少変則的な形式を許容することがあります。

=== [[対象ページ名]] - [[トーク:対象ページ名|トーク]] ===
削除依頼とその理由 --~~~~
* (削除)削除を望む意見とその理由 --~~~~
* (存続)存続を望む意見とその理由 --~~~~
* (コメント)はっきりと削除や存続の意思を表明しない意見 --~~~~
** (対処)管理者による削除などの対処報告 --~~~~
** (終了)そのまま存続、ページの移動などでの終了宣言 --~~~~

可読性を上げるため、インデントを用いたりリストの階層を深くしたりしないでください。また、終了・対処の宣言は一段下げて下さい。復帰の依頼についてもこれに準じます。

対処[編集]

削除が適当であると判断された場合には管理者によって削除されます。削除されたページへのリンクは解除しておいてください。削除されたページは特別:Log/deleteに記録されます(MediaWiki1.3 以前の削除履歴はwikibooks:削除記録に記録されています)。

ノートページに削除に関する情報・議論などが存在する場合は、それに関する議論をサブページとして移動し保存してください(削除前と削除後の履歴が混じらないように、コピー&ペーストやカット&ペーストでなく必ず移動機能を使用してください)。元のノートページには削除があったこととサブページ化した議論への案内を書き込んでください。これは削除に関する議論の保存と、削除後改めてページが作られた際に混乱や誤解が起きることを防ぐ目的で行います。

ログ化[編集]

審議が終了した案件は、適宜ログ化してください。基本的には要約欄に案件名を明示して対象となる議論を単純に除去します。必要と思われる場合は当該ページのノートのサブページとしてカット&ペーストによるログ化を行ってください(この場合も要約欄に案件名を明示して取り除きます)。

削除以外の方法が適当であると判断された場合には、同様の依頼を避けるため最低一週間は議論をリストしておいてください。

注意事項[編集]

  • 削除依頼する場合には方針に沿った依頼理由を必ず添えてください。
  • 削除に関して意見を述べる場合には冒頭に(削除)・(存続)・(コメント)の表明を忘れないでください。
  • 依頼・意見には必ず ~~~~ による署名(時間付き署名)をしてください。署名なき(あるいは IP による)依頼・意見は無効票あるいは単なるコメントとして扱われることがあります。
  • このページでは他案件の議論を圧迫することを防ぐ目的から、削除(あるいは復帰)の是非のみに絞って賛否の表明をすることを求めます。削除に関して詳細な検証などが必要である、または削除そのもの以外の問題に関する議論がある、などの場合は当該ページのノートを使用してください。
    • 同様の理由からコメントへのコメントも極力避け、必要であれば当該発言者のノートページへ移動してください。


2016年[編集]

大学生活ガイド/文理共通 - トーク[編集]

単なるESSAYであり、Wikibooksの範疇ではない。自分の管理するスペースでどうぞ。 --Vigorous actionTalk/History) 2016年9月27日 (火) 09:29 (UTC)

  • バカのひとつ覚えの「エッセイ」的(随筆)という批判ですか。随筆であるかどうかの違いは、検証可能性があるかどうかでしょう。もし体験談なら、他人に検証可能性はありませんが、記事内容は体験談ではないですよ。この記事で述べた、大学新入生のアパートの貸し借りについてのノウハウも検証可能性だし、一部の大学にレイプサークルがあるかどうかも、検証可能です。
Wikibooksは教科書を書く場所です。教育的に必要かどうかが大切なのです。ちなみに、この記事の内容のいくつかは、大学から新入生ガイダンスなどで聞いた知識を元にしております。私は法政大学に入学しており、その後、中退し、東京電機大学に移りましたが、この記事で書いた学生アパート貸し借りについての、信頼できる不動産屋を大学から紹介してもらえるという知識は、当事の法政の多摩校舎の事務などから指導を受けたことです。これは、検証可能でしょう。
「学生ローンは使用しないほうがイイ。トラブルも実際に起きている。」などのノウハウは、東京電機大学の新入生向けガイダンスなどで指導を受けました。この検証も、その学校の新入生向け冊子などをさがせば、検証可能でしょう。
それ以外のノウハウには、体験談を参考にしてますが(たとえば、連帯保証人については、大学合格後の春休みに父母から教育を受けた)、記事内容そのものは別に体験談ではありません。この連帯保証の記事は、もともと中学生向けに書いた記事を、かげろん氏などの要望もあり(現状の中学教育では教えきれない)、よって削除したものですが、その時は、自説とは言われませんでしたよ。
もし、大学新入生向けの記事内容が教育的に不適切なノウハウなら、そこだけを上書き編集で削除すればすみます。
そもそも、たとえ執筆動機が自説の主張でも、もし記事内容が教育的であり、かつ、記事内容が教育的であれば、それは、Wikibooks掲載の要件の一つを満たしてるでしょう。
たとえば、私が小学校歴史教科書で書いた事の中にも、私の自説はありますが、だからといって、アナタは記事全体を削除申請するんですか?
プログラマーなどのLinuxなどのオープンソース活動だって、結局は、売名活動などの自分本位の動機でしょうが、たとえそうでも、そのような動機を批判しません。
なのに何故、Wikibooksでは動機が限定されるのでしょうかね。宗教活動ではないんですから、動機を限定する必要がありません。
それとも、まさか、大学の宗教サークルについての注意事項が、あなたの気にでも触ったんですか? そもそも、ほとんどの一般大学では学内での宗教活動や政治活動などは禁止されてますので、宗教であることを隠して勧誘してるサークルがあれば、批判されて当然でしょう。法政にも電機大にも、このような隠れ宗教サークルがありました。これも、過去の記録などをさがせば(取材の手間や費用などはかかりますが)、原理的には検証可能でしょう。
強姦サークルなどについての注意喚起は、スーパーフリー事件が、ウィキペディアにも記事があるように、記事内容そのものは検証可能性を満たしています。(もし満たしてないなら、そもそもウィキペディアにスーパーフリー事件が掲載されないはずである。)
あなた(Vigorous action)の日本語はオカシイです。表現が比喩的、文学的なだけであり(随筆になってないのに「エッセイ」と言ったりする比喩)、論証の能力が、管理者として適切な水準に到達していません。個人的な要望ですが、あなたには、管理者をやめてほしいですね。--すじにくシチュー (トーク) 2016年9月27日 (火) 14:16 (UTC)
  • (コメント)IPですのでコメントだけ。先に立場を明らかにしておくと、「Wikibooksの範疇でない不適切な記事である。削除に反対はしない。が、特に法的リスク等を抱えているわけでもないので放置する選択肢もあるのではないか」です。以前私は大学生活ガイド/理系で7万バイト程除去する編集をしましたが、この記事も削除依頼されなければ週末にでも除去編集しようかと思っていました。おそらく1万数千バイト削る編集になるだろうと思いますけれども。
検証可能かどうかは論点ではないと思います。この記事の内容に検証可能な事実があるかといえば、確かに含まれている。誰もその点に異論はないでしょう。問題は、膨大にある検証可能な事実のうち何を書くかという「情報の取捨選択」と、それをどのように表現するかという「文体」だと思います。
そもそも、検証可能な事実であればどこに何をどのように書いてもいいというのであれば、WikipediaとWikibooksの区別があるのがおかしいということになります。何が違うのかといえば、百科事典には百科事典の「取捨選択」と「文体」があり、教科書には教科書の「取捨選択」と「文体」があり、そのどちらでもないような「取捨選択」と「文体」がある、ということだと思っています。私はこの記事は「どちらでもない」に分類されると思います。
この記事の削除に対して必ずしも賛成するわけではないことは最初に述べたとおりですが、この削除依頼はよい問題提起だと思います。ここ数年来、すじにくシチューさんは精力的に執筆されており、その中にはよい編集も悪い編集もあったのではないかと思います(申し訳ないですがあまりにも膨大なので私は読み切れていません)。それを振り返りながら、今後Wikibooks全体のクオリティを上げるにはどうしたらよいかを考える、建設的な議論のきっかけになりうる依頼ではないかと思います。末筆ですが、依頼者のVigorous actionさんには感謝します。--126.169.127.158 2016年9月27日 (火) 20:49 (UTC)
  • (存続+コメント)参考書の1つの立ち位置としては有りだとは思います。そういう点で存続票を投じます。ただし,依頼に出された記事は今のままでは良くはないという指摘が複数出たことについては留意してほしいです。
まず,書いてることの多くは間違いではありませんが,今の内容が大学生活ガイドの幹の部分になるかと問われるとそれは違うのではないかなと思います(もちろん今書かれている内容には人生を生きていくうえで極めて重要なポイントが含まれている点は否定しません)。
しかし,本筋としては,勉学の進め方や高校までの授業と大学での講義の違いとか,教職課程の扱いとかなんかがメインではないでしょうか(他にはレポート作成についてとか)。まあ,文理共通の項目ですから,学習内容について共通して書くことができるのはわずかかもしれませんけど。
そういう点で,この依頼には存続票を投じますが,生活ガイドの構造を抜本的に見直さないといけないのでは? と思います(今の内容はあくまで付録またはコラムの扱いとしてもっと内容を簡潔にして載せるぐらいが丁度良い分量になるかなと)。ただし,バイトの記述に関しては除去してほしいです。経済的な理由でバイトをせざるを得ない人はどうしてもいますので。
(コメント)これは削除依頼とは関係のない余談ですが,連帯保証とかは人生にとっては重要な話ですが,残念ながら中学の公民では扱う時間はおそらく確保できません。
内容的にはおそらく高校あたりの家庭科で扱うところではないかなと思います(中学家庭科は未調査につき割愛)。なので,自説なのでは? という指摘はする必要が無かったということです。
あと,すじにくシチューさんの発言中に「私が小学校歴史教科書で書いた事の中にも、私の自説はありますが、」という発言が気になりました(これ,地味に不味くないですか?)。--かげろん (トーク) 2016年9月28日 (水) 10:03 (UTC)
  • (すじにくシチューの意見)多くの学生は、人生で最初の一人暮らしが、大学入学の時でしょうから、もし記事存続するなら、その点は配慮してほしいと思います。

なお、高校の家庭科の科目「家庭総合」を確認しましたが、連帯保証人の解説はありません。大修館書店『家庭総合』(平成24年3月9日 文部省検定済み)で確認しました。中学家庭科と、ほぼ同様で、高校家庭科ではクーリングオフとかの消費者問題について「特定商取引法」や「消費者契約法」などと絡めて解説するに留まってます。

保証人うんぬんの解説は、学生向けガイドよりも、就職活動のガイドなどで、新社会人に向けて解説したほうがイイのかも、とも思いました。

さて、そもそも未成年の18歳では法律行為ができないので、大学生への保証人どうこうの詐欺は杞憂かもしれませんので、記事に書かなくてもいいのかも、とも思いました。その一方で、アパートを借りる場合に父母に保証人を頼むわけでから、そろそろ知っていてもいいのかもしれません。また、浪人をすれば、大学入学時に20歳以上で成年になる場合もあるので、その場合は法律行為はできます。

かといって、すべての法律行為を解説するのは不可能でしょうので、保証人どうこうは、削除やむなし、かもしれません。法律行為うんぬんを言い出したら、運転免許だって解説しなければいけなくなるし。

さて、一人暮らしの配慮うんぬんを考えるなら、保証人トラブルや法律行為どうこうよりも、食事の栄養バランスとか、病気になったときの対応とか、そっちのほうが大切かとも思いました。

あと、現状では記事内容のほとんどが、新入生向けガイドなので、そのようにタイトル変更するのも必要かもしれません(『大学新入生ガイド』などのように)。

さて、各大学の新入生向けガイドブックには、一気飲みの強要などのアルコール・ハラスメントなどが書かれているでしょうから(私の脳裏にそういう記憶がある。10年以上前に大学卒業したので細かくは覚えてない)、アルハラ等について詳しく解説したほうがイイかも、と思いました。中高の保健体育などでも解説されてますが、大学新入生ガイドで注意喚起してもイイとも思います。いっぽう、字の似てるアカデミックハラスメントについての解説は、新入生には、まだ不要でしょう。もっとも、まだ記事存続が決まったわけではないので、私からは、何を加筆したいかの意見は、このくらいにしときましょう。

さて、小学校社会科の自説うんぬんは、近現代史のとこが、私の歴史感に基づいてます。いちおう市販の文献などを参考にしましたが、どの著者の文献を参考にするかで、私の歴史感が、どうやっても入りますので。詳しくは小学校社会科のトークページ等で質問してください。--すじにくシチュー (トーク) 2016年9月28日 (水) 11:57 (UTC)

  • まあ、人生で必要な知識なんて言い出したら、冠婚葬祭についても書かなければならなくなるし(特に葬式や相続。学生時代に父母のどちらかが死去する可能性もあるし)、そういう点では、保証人うんぬんの記事は削除やむなしかもしれません。成人式とかも、いちいち解説してらんないだろうし。--すじにくシチュー (トーク) 2016年9月28日 (水) 12:07 (UTC)


Broken/wikiversity:メインページ - ノート[編集]

すでに日本語版ウィキバーシティは発足しており、もう不要。Broken/wikiversity:プロジェクト関連文書Broken/wikiversity:ウィキバーシティBroken/wikiversity:参加者Broken/wikiversity:開講依頼も、同様に不要。 --すじにくシチュー (トーク) 2016年2月27日 (土) 07:29 (UTC)

  1. Broken/wikiversity:メインページ - トーク
  2. Broken/wikiversity:プロジェクト関連文書 - トーク
  3. Broken/wikiversity:ウィキバーシティ - トーク
  4. Broken/wikiversity:参加者 - トーク
  5. Broken/wikiversity:開講依頼 - トーク

上に依頼対象ページを列挙しました。また、削除依頼テンプレート貼付をお忘れのようでしたので、先ほど代理で貼付しました。 --Kanjy (トーク) 2016年6月4日 (土) 04:20 (UTC)

Wikibooks:文献資料 - ノート[編集]

2015年[編集]

マンモス - ノート[編集]

中性子 - ノート[編集]

二・二六事件 - ノート[編集]

五・一五事件 - ノート[編集]

銀河の集まり - ノート[編集]