コンメンタール人身保護規則

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

削除依頼中

当ページ「コンメンタール人身保護規則」の削除依頼が提出されています。今後当ページに加えられた編集は無駄となる可能性がありますのでご注意頂くとともに、削除の方針に基いて削除の可否に関する議論への参加をお願いします。なお、依頼の理由等については削除依頼該当する節トークページなどをご覧ください。

コンメンタールコンメンタール人身保護法コンメンタール人身保護規則

人身保護規則(同一八年七月二八日同第一一号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア人身保護規則の記事があります。
第1条(この規則の趣旨)
第2条(救済の内容)
第3条(拘束及び拘束者の意義)
第4条(請求の要件)
第5条
第6条
第7条(請求の方式)
第8条(不備の補正)
第9条(請求の手数料)
第10条(除斥)
第11条(審理及び裁判の迅速)
第12条
第13条
第14条
第15条(併合の禁止)
第16条(指定代理)
第17条(準備調査)
第18条(準備調査省略の場合の手続)
第19条(仮の処分の通知)
第20条(勾引)
第21条(決定による請求棄却)
第22条(仮の処分の取消)
第23条(召喚の方式)
第24条(人身保護命令書の送達)
第25条(人身保護命令の効果)
第26条
第27条(答弁書)
第28条(人身保護命令の通知等)
第29条(審問期日)
第30条
第31条(被拘束者の代理人)
第32条(審問期日の通知)
第33条(審問の方式)
第34条(被拘束者の訴訟行為)
第35条(請求の取下)
第36条(判決の言渡期日)
第37条(請求認容の判決)
第38条(手続費用)
第39条(勾引及び勾留)
第40条(弁護士依頼の申出)
第41条(上告)
第42条(書面審理)
第43条(事件送致命令)
第44条
第45条(他の法律による裁判の効力)
第46条(請求手続の性質)
このページ「コンメンタール人身保護規則」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。