国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律

国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(最終改正:平成一八年六月二一日法律第八六号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律の記事があります。

第1章 総則(第1条~第2条)[編集]

第1条(趣旨)
第2条(定義)

第2章 上陸の手続の特例等(第3条~第4条)[編集]

第3条(上陸の手続の特例)
第4条(税関手続の特例)

第3章 罰則(第5条~第15条)[編集]

第5条(業として行う不法輸入等)
第6条(薬物犯罪収益等隠匿)
第7条(薬物犯罪収益等収受)
第8条(規制薬物としての物品の輸入等)
第9条(あおり又は唆し)
第10条(国外犯)
第11条(薬物犯罪収益等の没収)
第12条(薬物犯罪収益等が混和した財産の没収等)
第13条(追徴)
第14条(薬物犯罪収益の推定)
第15条(両罰規定)

第4章 没収に関する手続等の特例(第16条~第18条)[編集]

第16条(第三者の財産の没収手続等)
第17条(没収された債権等の処分等)
第18条(刑事補償の特例)

第5章 保全手続(第19条~第20条)[編集]

第19条(没収保全命令)
第20条(追徴保全命令)

第6章 没収及び追徴の裁判の執行及び保全についての国際共助手続等(第21条~第23条)[編集]

第21条(共助の実施)
第22条(追徴とみなす没収)
第22条の2(要請国への共助の実施に係る財産等の譲与)
第23条(組織的犯罪処罰法 による共助等の例)

第7章 雑則(第24条~第25条)[編集]

第24条(政令等への委任)
第25条(経過措置)
このページ「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。