コンメンタール旅券法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール旅券法

旅券法(昭和26年11月28日法律第267号、最終改正:令和元年5月31日法律第16号)の逐条解説書。

本則[編集]

第1条(目的)
第2条(定義)
第3条(一般旅券の発給の申請)
第4条(公用旅券の発給の請求)
第4条の2(旅券の二重受給の禁止)
第5条(一般旅券の発行)
第5条の2(公用旅券の発行)
第6条(旅券の記載事項)
第7条(旅券の電磁的方法による記録)
第8条(旅券の交付)
第9条(渡航先の追加)
第10条(記載事項に変更を生じた場合の取扱い)
第11条(有効期間内の申請等)
第12条(旅券の査証欄の増補)
第13条(一般旅券の発給等の制限)
第14条(一般旅券の発給をしない場合等の通知)
第15条(署名)
第16条(外国滞在の届出)
第17条(紛失又は焼失の届出)
第18条(旅券の失効)
第19条(返納)
第19条の2(返納に係る公告)
第19条の3(帰国のための渡航書)
第20条(手数料)
第21条(事務の委任)
第21条の2(都道府県が処理する事務)
第21条の3(事務の区分)
第21条の4(外務大臣の指示)
第22条(外務省令への委任)
第23条(罰則)
第24条(国外犯罪)
第25条(没取)

外部リンク[編集]

このページ「コンメンタール旅券法」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。