配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール民事コンメンタール配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律

配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(最終改正:平成一九年七月一一日法律第一一三号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の記事があります。
Wikisource
ウィキソース配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律があります。

第1章 総則(第1条~第2条の3)[編集]

第1条(定義)
第2条(国及び地方公共団体の責務)
第2条の2(基本方針)
第2条の3(都道府県基本計画等)

第2章 配偶者暴力相談支援センター等(第3条~第5条)[編集]

第3条(配偶者暴力相談支援センター)
第4条(婦人相談員による相談等)
第5条(婦人保護施設における保護)

第3章 被害者の保護(第6条~第9条の2)[編集]

第6条(配偶者からの暴力の発見者による通報等)
第7条(配偶者暴力相談支援センターによる保護についての説明等)
第8条(警察官による被害の防止)
第8条の2(警察本部長等の援助)
第8条の3(福祉事務所による自立支援)
第9条(被害者の保護のための関係機関の連携協力)
第9条の2(苦情の適切かつ迅速な処理)

第4章 保護命令(第10条~第22条)[編集]

第10条(保護命令)
第11条(管轄裁判所)
第12条(保護命令の申立て)
第13条(迅速な裁判)
第14条(保護命令事件の審理の方法)
第15条(保護命令の申立てについての決定等)
第16条(即時抗告)
第17条(保護命令の取消し)
第18条(第10条第1項第二号の規定による命令の再度の申立て)
第19条(事件の記録の閲覧等)
第20条(法務事務官による宣誓認証)
第21条(民事訴訟法 の準用)
第22条(最高裁判所規則)

第5章 雑則(第23条~第28条)[編集]

第23条(職務関係者による配慮等)
第24条(教育及び啓発)
第25条(調査研究の推進等)
第26条(民間の団体に対する援助)
第27条(都道府県及び市の支弁)
第28条(国の負担及び補助)

第6章 罰則(第29条~第30条)[編集]

第29条
第30条
このページ「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。