ソビエト連邦

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアソビエト連邦の記事があります。

このページ (ソビエト連邦) ではソビエト社会主義共和国連邦 (ソビエト連邦、ソ連、USSR) の歴史について解説します。

概説[編集]

ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)は1925年から1991年まで存在した社会主義国家。

革命前史[編集]

ロシアの近代化[編集]

ナロードニキ[編集]

日露戦争と血の日曜日事件[編集]

日露戦争[編集]

血の日曜日事件[編集]

ロシア社会民主労働党の成立と分裂[編集]

ロシア革命[編集]

第一次世界大戦[編集]

2月革命[編集]

ロシア帝国の滅亡[編集]

1917年、デモから発展した2月革命の後一旦臨時政府が発足したが、国の内外での戦線の崩壊と混乱はとどまるところを知らず、ボリシェヴィキに対する評価は高まる一方だった。そこでボリシェヴィキは武装蜂起した(十月革命)。この蜂起は成功し政権を強奪した。この日、最初の「ソビエト大会」が開かれ人民委員会議が発足した。人民委員会議は事実上の政府である。この時日本で例えれば首相にあたる議長にはウラジーミル・レーニンが就任した。後にボリシェヴィキはその名を「共産党」と改める。

ドイツとの単独講和[編集]

内戦[編集]

連邦の成立[編集]

十月革命の後、ロシア周辺の各国でソビエトの一部分を謳う革命政権が生まれた。ロシア内戦が終息に向かう頃、これらの革命政権はロシア共産党の手により統合する。

スターリンによる独裁体制[編集]

トロツキーとの対立[編集]

大粛清[編集]

五か年計画と工業化[編集]

第二次世界大戦[編集]

独ソ戦[編集]

独ソ不可侵条約[編集]

バルバロッサ作戦[編集]

レニングラード包囲戦[編集]

スターリングラード攻防戦[編集]

東欧諸国の解放[編集]

ベルリンの戦い[編集]

フィンランドとの戦争[編集]

冬戦争[編集]

継続戦争[編集]

対日戦[編集]

ノモンハン[編集]

日ソ中立条約[編集]

満州・千島・南樺太への侵攻[編集]

大戦中の外交[編集]

冷戦[編集]

第二次世界大戦後の世界では、ソ連を盟主とする社会主義国(共産主義国)とアメリカを盟主とする資本主義国(自由主義国)との対立が始まり人々はこれを冷戦と呼んだ。 また、アメリカ ソ連両国は軍事同盟を作成した。 アメリカは、北大西洋条約機構(NATO)を、 ソ連はワルシャワ条約機構を作成した。

朝鮮戦争[編集]

戦後、朝鮮半島は北緯38度線を境に北をソ連、南をアメリカが占領した。

その後、1948年朝鮮半島は南北に別れて独立し、北部は金日成を首相とする朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が、南部は李承晩を大統領とする大韓民国(韓国)が成立した。

北朝鮮は1950年、武力による朝鮮半島統一を目指し韓国に侵攻。朝鮮戦争が勃発した。この時、国連安保理は北朝鮮の侵略行為としてアメリカ軍を中心とする国連軍を結成させて韓国を支援した。一方中国は北朝鮮を支援するため人民義勇軍を派遣した。

結局この戦争は、引き分けに終わり休戦協定が結ばれた。休戦協定により、朝鮮半島は再び北緯38度(一部それている部分もあるが)に分断されている。

フルシチョフ[編集]

スターリン批判[編集]

雪解け[編集]

キューバ危機[編集]

フルシチョフの失脚[編集]

ソ連の動揺と停滞[編集]

中ソ対立[編集]

アフガニスタン侵攻[編集]

停滞の時代[編集]

ペレストロイカ[編集]

ペレストロイカとグラスノスチ[編集]

1985年チェルネンコに代わって書記長に就任したのはゴルバチョフであった。

彼は、社会主義経済の行き詰まりを改善するためペレストロイカを始めた。また、積極的に情報公開も行った。(グラスノスチ)

東欧の民主化[編集]

一方、東欧諸国ではクーデターが相次いで発生し社会主義政権は崩壊した。(東欧革命)

冷戦終結[編集]

外交では、アメリカのブッシュ大統領と会談し冷戦の終結を発表した。(マルタ会談)

ソ連崩壊[編集]

ソ連でも8月クーデターが発生した。このクーデターは共産党員がゴルバチョフを軟禁した事件だった。しかしこのクーデターは失敗に終わり、ゴルバチョフは責任を取って大統領を辞任。

ソ連は崩壊した。

総括[編集]

参考文献[編集]

このページ「ソビエト連邦」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。